広報業務を円滑に推進するコツ - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広報業務を円滑に推進するコツ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

広報マンに必要な要素は、「コミュニケーション能力である」と挙げても誰も反対する者はいないであろう。現にメディア対応の際は、最善の気配りをしている筈だ。しかしコミュニケーション能力を発揮するステージは、対外的な場面だけではない。むしろ広報活動の大半を占める“社内での活動時”の方が重要である。

 

まずあなたの会社の広報部は、社内から理解を得られているだろうか?同じ本社部門である経営企画部門や経理財務部門、また営業部門や販売促進部門などは密接な関係があるだろうが、広報部が付き合うべき部門は全社であり、製造開発部門や地区の販売サービス部門、関連会社も該当する。しかし一般的には、販促部門との間に壁があるなどコミュニケーション上の問題があるようだ。今一度、広報部の仕事と広報の考え方の理解を得ることが必要ではないだろうか。

 

では広報部は何故社内に気を遣わなければならないのか。対外的な情報発信数を向上させるには、より多くの広報素材を各部門から吸い上げることが必要であるからだ。加えて有事の際に備え、社内の風通しを良くしておくことも忘れてはならない。社内の様々な壁を打ち破るには、まず広報部からの積極的な情報発信が必要である。名刺が欲しい場合、まずこちらから差し出すのと同じ原理だ。

 

広報部は社外へ発信するだけでなく、社外からの情報受信も相当している。しかしその情報は、社内で生かされているだろうか。自社情報は勿論のこと、業界動向や競合情報、法規制や異業種での参考情報など、広報部は多くの情報を受信している筈だ。宝の持ち腐れにならないためにも、全社員に向けてイントラネットを活用し、またライン長向けにメルマガなどを活用するのは必要なことだ。各部門に有益な情報提供をしていくことが、広報への理解浸透の第一段階ではないだろうか。

 

重要なのは広報部と社内の情報受発信の仕組み作りである。各社その手法はまちまちだろうが、上手く運用できているか否かを再度点検してみては如何だろうか。

 

広報66箇条 広報部を広報せよ

 

ご参考:広報力向上ブログ

このコラムに類似したコラム

ランチョンミーティング 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/09/12 09:18)

情報収集していますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/06/21 08:14)

PR会社が新規上場 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/03/28 09:19)

広報の真髄 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/06/30 13:00)

あなたの会社に壁はありますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/06/21 14:00)