説得力を上げるには - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

説得力を上げるには

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

毎日プレゼンを行っている人たちがいる。自身のプレゼン、所属する団体のプレゼン、競合団体へのプレゼンと大忙しだ。永年の積み重ねがある筈だが、全く説得力がない。では何故政治家たちの発言には説得力がないのか。

 

取材時に自身の取り組みをアピールしたい、自身の属する政党(会社)を良く見せたい、競合よりも勝っていると思わせたいのは、政党も企業も同じな筈。問題のひとつは実現性に欠けることが挙げられる。財源の問題を明らかにせず、夢ばかりを語る。しかし具体性に欠けることは企業側でもある話だ。では決定的に違うのは何か。それは批判しかしないことではないだろうか。

 

勿論メディアが批判している部分だけをクローズアップしている可能性は十分にある。しかし企業で同じことが起こったら、次回からは慎む、話し方を変えるのではないだろうか。政治家には変わろうとする気配すら感じられない。仮に民主党が、自民党の批判ばかりをせずに、これまでの麻生政権を総括し、評価できるところは評価し、手法に問題があるのであれば具体的に指摘をするなどのことを行えば、今みたいな胡散臭さは出ないはずだ。

 

批判での失敗は、政治家だけでの問題ではない。記者は基本的に官公庁や規制などに対する批判が好きである。社長取材の場合、思わず誘導されてそのコメントを使われるケースがある。お役所を敵にまわしても変革すべきと言う強い想いがあるのなら別だが、不用意な発言は控えるべきであろう。また永年第一線の現場で戦ってきた営業出身の役員には、競合批判がポロっと出る場合がある。これも要注意だ。

 

競合批判は自己満足を満たすだけで、メディアにも相手にも何も伝わらないのだ。

 

広報63箇条 批判だけでは逆効果と認識せよ

 

ご参考:広報力向上ブログ

このコラムに類似したコラム

自分が決める、ということ。 岩井美樹 - コピーライター(2014/07/01 15:19)

いつも頭に付箋紙を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/12 09:43)

インターンシップの広報をFacebookで ~その1 新日鐵住金の取り組み 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/03 10:00)

7月31日に無料相談会を実施します! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/26 17:00)

友だち200人で良質な採用に成功!! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/24 12:00)