一人で負担するより二人で負担する - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一人で負担するより二人で負担する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、寝不足の方が多い朝でしょうか。



昨日からの続き、役員報酬についてのお話。

今日は税金の基本的、かつ代表的な性質について

お話します。


ずばり、税金は

「一人で負担するより二人で負担したほうが安い」

という性質があります。


一人で100儲けたら30の税金が取られるとします。

これが二人で50ずつ儲けると、一人頭10くらいで

済むようなことがあります。

トータルでみれば、税金の負担は減っています。


つまり、個人事業主として一人で儲けるよりも、

法人と役員として二人で儲けた方が税金が安く

済む、というケースがままあるのです。


ちなみに二人よりも三人、三人よりも四人で

負担した方が安くなることが多いです。


つまり、役員報酬はそういった税金の性質を

活用するために設定されているのです。

「そもそも生活費でいくら必要か、あるいは

いくら使ってもよいか」という観点から金額が

設定されているわけではないのです。


明日に続きます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

もちろん、損をしてしまう場合も・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/04 07:00)

会社側に利益を残すほうが得なことも 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/03 07:00)

会社と個人での税負担がどうなるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/02 07:00)

役員報酬設定の煩雑さ 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/15 08:00)

給与に対する課税は緩やか 高橋 昌也 - 税理士(2010/06/26 09:53)