耐震構造 3 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震構造 3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●免震構造住宅 ☆耐震構造
地震が発生しました。

地面が左から右に動いています。そうすると建物は地上に立っている人から見ますと、逆に右から左に透明な巨人によって押されている様に見えるはずです。
土台廻りは強固に地面に固定されていますので、地面と同じ方向に揺れます。
二階の床面と屋根面に矢印がありますのは、建物をタテに見ると、屋根面と二階床面が他の部位より硬い為です。
硬いと云う事は地震に対し、抵抗している事を意味し、その為地震力が屋根面・床面に集中するのです。

さて、画面を良く見ると、一階の揺れ幅より二階の揺れ幅の方が大きくなっています。これは、木造の様に軟らかい構造ですと、地震力で建物がしなる為です。

耐震等級を高めた住宅ですと、相当大きな地震でも建物の倒壊はまずありませんが、家具とかをしっかり固定しておかないと家具の下敷きになる事は充分考えられます。

また、地震に対する建物のダメージも制震構造・面震構造に比べ、大きいと思われます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●免震構造住宅」のコラム

耐震構造 2(2007/06/29 12:06)

耐震構造 1(2007/06/29 12:06)