生活費は全て使っても良いのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生活費は全て使っても良いのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、相変わらず蒸しますね。

ただ、朝方は大分涼しかったので、比較的過ごしやすいですが。



昨日からの続き、生活費について。

次に取り上げてみたいのは、使っても良い生活費の額について。

もちろん、これは実際にどの程度の暮らしをしているのかに

よっても色々と変わってきます。

ここで取り上げておきたいのは、帳面上の役員報酬との

バランスについてです。


まず、役員報酬という費用の役割について。

実はこの費用は、実際の生活費確保の金額とはまったく

一致しないものだったりします。

よく「自分は役員報酬で50万円貰っている」という理由で

50万円の私生活を送ってしまう方がいます。

しかし、これは誤った考え方なのですね。


このことを理解するためには税金の基礎を少しだけ

勉強する必要があります。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

会社と個人での税負担がどうなるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/02 07:00)

一人で負担するより二人で負担する 高橋 昌也 - 税理士(2010/06/25 10:11)

もちろん、損をしてしまう場合も・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/04 07:00)

役員報酬について 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/01 07:00)

会社側に利益を残すほうが得なことも 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/03 07:00)