勇気づけ:10年の実践(1) - 毎日のつらさ - 専門家プロファイル

松戸こころの相談室 メンタルヘルスコンサルタント
千葉県
メンタルヘルスコンサルタント
047-701-7668
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

勇気づけ:10年の実践(1)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 毎日のつらさ
心理カウンセリング・セラピー 勇気づけ

2000年、私がマギル大付属の語学学校で英語を学んでいた時のことです。

「インターナショナルの学生に英語を教えることは 楽しいけれど 時々とてもストレスを感じる。」

とV先生が言われました。

「先生、あなたは教師として素晴らしいけれど アドラー心理学の対応を学ばれれば もっと良い先生になれると思いますよ。」

と答えました。すると

「教えて欲しい。」

私は V先生の授業の中で実際にあった例を基にして ロールプレイをしました。

先生:スー、昨日どうして欠席したんだ。

スー:寝坊しました。

先生:何時に起きたんだ。

スー:9時半です。

先生:家から学校まで どれだけかかるのだ?

スー:45分位です。

先生:それなら 欠席しなくても来れたじゃないのか?毎日、毎日が大切なんだよ。

スー:無言で ほおを赤くする。

スーは19才の愛らしい中国人の女生徒です。先生の役を私がし、先生にはスーの役をして頂きました。そして もう一つの例を出しました。

先生:スー、昨日欠席したから 心配していたんだよ。きょうは顔を見れて 安心したよ。

V先生は

「これだけ?」

と。私は 

「そうです。これだけです。」

すると V先生は 数分無言で何か考えておられました。そして

「分かった。」

と おっしゃいました。私は どこまでお分かりになったのか 疑問でしたが その場はそれで終わりにしました。

続きは 10年の実践(2)でお伝えしたいと思います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / メンタルヘルスコンサルタント)
松戸こころの相談室 メンタルヘルスコンサルタント

不登校・うつ症状・PTSD等の早期改善とご家族へのサポート

私は自分のうつ症状を アドラー心理学の実践で脱しました。あなたをEMDR、ブレインスポッティング、ソマティックエクスペリエンス、エリクソニアン催眠、USPT、ホログラフィートークを含むセラピーで、ご家族はアドラー心理学でサポート致させて頂きます

047-701-7668
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「心理カウンセリング・セラピー」のコラム

うつ病になる3つのタイプ(2010/12/14 09:12)

このコラムに類似したコラム

ストレスマネージメント 渡辺 昧比 - ヨガインストラクター(2015/10/07 15:03)

セルフセラピー・3つの対策 松山真己 - 臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ(2014/03/04 14:58)

日々の行動で女性ホルモンを活性化 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/11/10 10:20)

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)臨床報告 vol2 山中 英司 - カイロプラクター(2013/08/20 16:41)

身に着ける色でラッキーを 清水 ヒロミ - メンタルヘルスコンサルタント(2013/03/20 18:52)