日経記事:東芝,フォードにモーター供給ハイブリッド車用について - アライアンス・事業提携 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事:東芝,フォードにモーター供給ハイブリッド車用について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. アライアンス・事業提携
経営戦略 アライアンスの事例と経営手法としての活用と課題

皆様、

おはようございます。グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

6月23日付の日経新聞に『東芝、フォードにモーター供給 ハイブリッド車用』の記事が掲載されました。

主な内容は以下の通りです。


「東芝は米フォード・モーターにハイブリッド車の基幹部品である駆動用モーターを大量供給する。米国にモーターの新工場を建設、フォードが2012年に量産を始める新型車に搭載する。日立製作所は11年以降、米ゼネラル・モーターズ(GM)に車載電池を納入する計画。。。。

トヨタやホンダは、社内で駆動用モーターを社内で生産している。ハイブリッドや電気自動車の市場が広がるなかで、低コストで量産する技術が従来以上に求められうようになる。

社内生産か系列メーカーからの調達だった基幹部品についても電機大手が担い手となり、コストや性能の競争が激化する。

◆電機・機械各社の基幹部品の提携関係

・東芝;フォードのハイブリッド車向けにモーター供給
    日野自動車のハイブリッド商用車にモーター供給
    フォルクスワーゲン(VW)と電池の供給について交渉

・日立製作所;GMのハイブリッド車向けにモーター、電池供給

・パナソニック;電池をトヨタと共同生産。
        三洋は、ホンダ、VWに電池を供給

・NEC;日産と電池を共同生産

・明電舎;三菱自動車の電気自動車向けにモーターを供給

・三菱重工業;三菱ふそうトラック、バス向けのハイブリッド商用車向けにモーターを供給
       スズキの実験車両にもモーターを供給。。。。」

 

ガソリンやディーゼルなどの内燃機関車と、ハイブリッド車や電気自動車との大きな違いは、基幹部品のあり方です。

内燃機関車の場合、エンジンは重要な基幹部品であり、その仕様が車の特徴や性能を決定づけ、差異化の源泉になってきました。
この為に自動車メーカーは、エンジンに代表される基幹部品を内製化し、差異化を実現してきました。


ハイブリッド車や電気自動車の場合、駆動用モーターや電池が基幹部品となります。
これらの部品は、電機・電池メーカーが今までの事業を通じて培ってきた技術を持っており、上記のような提携は必然的に生まれました。

電機・電池メーカーにとって、自動車関連産業は“成長分野”となります。
日本のメーカーにとって、世界中の自動車メーカーにモーターや電池を供給できれば、自動車業界のプラットフォームをおさえる事になり、大きなビジネスチャンスが生まれます。

同時に、海外の電機・電池メーカーにとっても良い技術を廉価に提供できれば、同じビジネスチャンスが生まれます。
自動車メーカーは、常により良い駆動用モーターや電池を探し続けます。


ハイブリッド車や電気自動車は、パソコンと同じように、各部品メーカーから部品を調達して(水平分業型)組み立てます。


当然のごとく、日本の電機・電池メーカーは切磋琢磨して、中国、韓国、台湾などの海外メーカーと競争しながらより良い基幹部品を供給し続けられるように努力すると考えます。
自動車メーカーと“Win/Win”の関係を維持できるかどうかはこの一点にかかっています。

猫の目が変わるような速さで提携関係が変化していく事が予想されます。
果敢かつ迅速な経営判断で動く事が必要ですね。

ハイブリッド車や電気自動車の開発に出遅れた自動車メーカーは、電機・電池メーカーとの戦略的な提携により開発速度を上げたいと思います。
ある程度の開発が進むと、価格競争力をつけるためより安く供給してくれる電機・電池メーカーを探し始める可能性があります。

電機・電池メーカーは、自動車メーカーの動きを見ながら対応を考え実行すると共に、自ら自動車メーカーに積極的に売り込んでいく事になります。

結果として、その時々の最適な“Win/Win”の関係を構築しながら、柔らかに提携関係を切り替えていく事になると予想しています。


よろしくお願いいたします。
以上、

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;EV,米国勢が猛追フォードGMが相次ぎ量販車に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/11/08 10:01)

日経記事;『(真相深層) BMW、トヨタと提携拡大』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/07/20 07:19)

日経記事;"トヨタの営業益上ぶれ、3500億円に 12年3月期"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/04/30 11:12)