「家がほしい」と思う前にしておきたいこと! - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「家がほしい」と思う前にしておきたいこと!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

「家がほしい」と思う時は、どんな時だと思いますか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

  ◎結婚をする。
  ◎子供が誕生した、家族が増えた、子供が入学する。
  ◎家賃を支払うのがもったいない。
  ◎今の家が老朽して建て直したい。  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
現在は、堅実な方が多くなりましたね。
「家賃」との対比がダントツ。
また、20代~30代前半の若い世代の「持ち家」志向も増加しています。
私の世代(1965年生まれ)で、20代で家を買うことは、
まずありえませんでしたね。(威張るワケではありませんよ)

 
さて、家を買う時のよいタイミングですが、
「家がほしい」と思った時が、買い時と言われます。
これには、私も大賛成です。

 
「家を買う」ことは、集中力が必要で、
その時の「ほしい」という、欲求パワーが大事なのです。

 
「家のことが気になって仕事が手につかない」
こんな方も大勢いらっしゃいます。
また、数千万円のローンをするわけですから、
「えぃっ!」という勢いもないと、印鑑は押せませんよね。

 
私は、長期間、考えすぎることもよくないと思っています。
頭の中はリスクばかりが、「ぐるぐる」回り、
結局は、消極的になり、時間が経って、テンションが下がる。
私の経験からお話しますと、一度、テンションが下がると、
しばらくは、持ち家への情熱は戻らないです。

 
少し、抽象的かもしれませんが、
「ほしい」と思った時期に、
「集中」して「真剣」に検討し、
「納得」できる家を探すことが大切なんですね。
人間誰しもパワーを長く持続することは難しいのです。
また、長期間、家を探しても、良い家にめぐり合えるとは限らないのです。

少し、話がずれますが、
「具体的に家がほしい」と思う前に必ず「準備」をしてほしいことがあります。

 
当然と思われるかもしれませんが、
家を買うための「貯蓄」をすることです。

 
「なかなか、貯まらないのです。」という方も多くいらっしゃいます。
・会社の財形を利用する。
・自動引き落としの積立定期預金を組む。
などなど、強制的な貯蓄を勧めます。

 
住宅ローンは少なければ少ないほどいいのです。
「私は高額のローンを組める」

これを満足としてはいけませんぞ!

 
住宅ローンといえども借金ですからね。
どんなに金利が低く、ローンが得な時代であっても、
現金を多くもっていることに勝るものはありません。

「家がほしい」と思うタイミングまでにしておきたいこと。
とにかく「コツコツと貯蓄すること」大切ですよ!

このコラムに類似したコラム

「狭い都心マンション」 と 「広い郊外マンション」 どっちが得? 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2012/03/06 14:46)

鬼が笑うかもしれません。今年と来年これだけ違う。 久野 博 - 不動産業(2011/10/02 14:07)

貴方はどちらを選びますか。 久野 博 - 不動産業(2011/07/03 17:27)

借りられる人!借りられない人! 久野 博 - 不動産業(2010/11/03 20:00)

物件探しをする前に! 久野 博 - 不動産業(2010/10/24 17:37)