行方不明になる現金 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

行方不明になる現金

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、蒸しますが雨の降らない日々。

夏の水源が気になる今日この頃です。



昨日からの続き、現金残高について。

本来は事業資金として用意されたお金が、生活費に

流れた場合にどういうことが起こるのか?


考えられるのは三つ。

・生活費を事業経費に混ぜ込んでしまう

・借入金の返済、または貸付金で処理をする

・何も処理をしない


一番上は、基本的にやってはダメなこと。

とはいえ、実際には多くの零細企業でこういった処理が

行われているのではないかと思います。

要は程度の問題であって。


二番目は少し前に触れた「社長貸付金」の発生に

つながります。

役員報酬以上の生活費が貸付金に出ているわけで。


そして三番目、これが今回のメイン「現金残高」に

直結するお話です。

つまり「お金を引き出したけど、使い道は分からないので

何も処理をしない」ため、現金残高がすごい勢いで

増えていってしまうのですね。


明日に続けます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

あけましておめでとうございます 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/01 07:00)

経営に役立つ身体能力とは? 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/20 07:00)

自分なりの付き合い方をみつける 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/18 07:00)

社長さんの好み次第! 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/17 07:00)

結局、社長その人がいないとなぁ…という例が多い 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/07 07:00)