中小企業にとってのクラウドコンピューティングとは? その2 - ネットワーク構築・サーバー導入 - 専門家プロファイル

清水 圭一
日本クラウドコンピューティング株式会社 
東京都
IT経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:PCサポート・IT環境

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
井上 みやび子
井上 みやび子
(Webエンジニア)
小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小企業にとってのクラウドコンピューティングとは? その2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. PCサポート・IT環境
  3. ネットワーク構築・サーバー導入
中小企業経営にクラウドコンピューティングを活用

皆さん、こんにちは。

前回に続いて、「中小企業にとってクラウドコンピューティングとは?」の続編です。

昨日は、クラウドコンピュー ティング が、なぜ、革命的なのかをお話しました。

ざっくりとに復習すると、皆さんが使っているパソコンやサーバーは、簡単にいうと、演算 処理装置であり、その演算処理能力は、電力と同じで、
ネットワークを使って、供給されることができる。

つまり、皆がこの演算処理 装置を持ち、演算処理能力を作り出して、そのチカラを使うよりは、コンピューターを沢山持っている企業が、それを一手に作り出し、ネット ワークを経由して、皆に供給すれば、安上がりになってしまうということです。

それでは、クラウドコンピューティングが、なぜ、革 命的なのかということの2つ目を今日はお話したいと思います。

2つめは、データをインターネットという、どこからでも、その接続装置さえあれば、そのデータを使うことが出来るということなのです。

わかりやすいように、メールを例に上げて、お話してみたいと思 います。

今までは、メールなども、インターネットを経由して、メールの受け渡しを行い、自分のパソコンにそのメールを保存すると いう方法でした。

しかし、このメールのデータをインターネット上に置きっぱなしにしておけば、パソコンからもで、携帯電話からで も、インターネットカフェでも、
過去のメールも含めて、すべてのメールを見ることが出来ます。

そうすれば、いつでもどこでもメー ルを見ることが出来るという利便性を手に入れることが出来ます。

それだけではありません。

皆さんは、 メールを見るために、OutlookやExchangeなどのメール専用ソフトをパソコンにインストールして使っているかと思います。

このメールソフトも、時々、バージョンアップがあったり、また、不要なメールを消していかないと、パソコンのハードディスクが一杯 になってしまうこともあるのです。

ところが、クラウド上にインターネット上にメールのデータを置きっぱなしにして、それをプラウザで見れば、 メールソフトのバージョンアップや、
不要メールの消去といったメンテナンスをする必要がないのです。

さらに、もっと良いことに、 メールソフトを購入する必要がなくなるのです。わかりやすい解説動画がありますので、下記に貼っておきますので、見てみてください。

今回は、メールソフトを例に説明してみましたが、これが、会計ソフトなどの業務シ ステムとなると、ソフトウェアの価格は高額ですし、高機能がゆえに、バージョンアップも頻繁にあります。

そして、業務で使ってい ると、数年に一度、パソコンの買い替えによって、データ移行という大仕事が発生してしまうのです。

つまり、このように、システム が大きければ大きいほど、クラウド化するメリットが、非常に大きいのです。

そして、クラウドの革命的なことは、まだまだあります。

続きは、次回に。

このコラムに類似したコラム

東北地方太平洋沖地震 被災企業にデータ復旧 相談窓口を開設 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2011/03/12 03:00)

なぜ、中小企業はGmailを使ったほうがいいのか? 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/07/29 02:25)

儲かっていない中小企業こそ、徹底的なメールの活用をしよう 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/07/27 14:06)

中小企業でのデータ共有で、DropBoxを活用する その2 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/07/19 07:00)

中小企業がOffice系クラウドサービスを上手く使うには?その4 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/07/15 09:00)