「共働き」と税金 〜パート収入の4つの「カベ」〜 - 確定申告 - 専門家プロファイル

木下裕隆税理士事務所/有限会社TAC 有限会社TAC代表取締役 税理士・CFP
東京都
税理士
03-3637-7330
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「共働き」と税金 〜パート収入の4つの「カベ」〜

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
サラリーマンA氏の税金簿
モデルルームを見てすっかりその気になったAさんの奥さんは、頭金を貯めるため、パートに出て働くことを決意しました。Aさんがそのことを会社の同僚に話すと、奥さんの稼ぎが増えるとAさん自身の配偶者控除が使えなくなったり、会社から扶養手当がもらえなくなると言われてしまいました・・・。

パート収入には、次の4つの「カベ」があります。そのことを知ったうえで、どれくらい働くのかを決めましょう。
100万円
103万円
130万円
141万円

まず1つめが100万円のカベ。
パート収入が100万円を超えると、奥さん自身に住民税が課税されます。

2つめは103万円のカベ。
103万円を超えると、住民税の他に所得税も課税されるようになります。
また、Aさんの配偶者控除の対象からも外れることになります。会社によっては、この段階で扶養手当、配偶者手当などの支給要件を満たさなくなり、これらの手当がなくなってしまうこともあります。

3つめは130万円のカベ。
通常会社員の配偶者は、社会保険の被扶養者となり保険料の自己負担はないのですが、130万円を超えると、その配偶者自身で社会保険に加入しなければならなくなり、社会保険料負担が発生します。

最後の4つめは141万円のカベ。
パート収入が103万円超141万円未満であれば、Aさんの配偶者控除の対象からは外れるものの、配偶者特別控除を受けることができます。この控除は奥さんのパート収入が増えると徐々に控除額が減っていき、141万円を超えるとゼロになってしまいます。

従って、これらの壁をギリギリ越えてしまうよりは、その直前で収入をおさえた方が、結果として手許に残るお金が多くなるケースがあるのです。
もっとも、そんなカベを気にせず、バリバリ働いてたくさん稼いでもらえれば一番よいのですが。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
木下裕隆税理士事務所/有限会社TAC 有限会社TAC代表取締役 税理士・CFP

適時・適切なTAXプランニングであなたの事業をサポートします

平成21年に事務所を新築し、今までの敷居の高い税理士事務所のイメージを取り払い、気軽に来ていただけるよう明るいカフェのような事務所作りを目指しました。独立開業・法人設立から相続・事業承継まで、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

03-3637-7330
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「サラリーマンA氏の税金簿」のコラム