広報担当者に必要な資質3/3 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広報担当者に必要な資質3/3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

広報担当者に必要な資質としてこれまで、前向きであること、バランス感覚について述べてきた。最後にコミュニケーション能力について書く。ここで申し上げたいのは、言語的能力や談話能力ではない。英語スキルがあることが即ちコミュニケーション能力があると勘違いしている人も多いが、そのことでもない。余りにも間違った自己主張が横行しているので、そのことを言いたい。

 

間違った自己主張とは何を差すか。解り易いのは、朝までの討論番組や多くの政治家の発言である。彼らは非常に力強く発言している。声も大きいせいか、インパクトも強い。しかし、彼らは自分の思ったこと、言いたいこと、自分の立場しか言ってはいない。決してキャッチボールはしていない。お互いが、自分はこんなに強く投げられるのだと誇っているだけである。単なる自己満足に過ぎない。どんなに調査をして確固たるデータを元に発言していても、相手には怒っている、言いたいことを言っている、くらいしか伝わっていないのだ。

 

私の思う自己主張、コミュニケーションとは、自分の思っている様に物事を進めていくことである。そのためには、勿論誇大して発言した方が効果ありの場合もあれば、黙っていた方が伝わる場合もある。また横道にそれながらも相手の理解を少しずつ得ていき、結果的に自分の描いたGOALに近づけていくやり方もある。発言は手段であって、目的ではない。発言したから伝わるものでもない。言ったかどうかも関係ない。問題は伝わったかどうかだ。同じ内容でも相手によってスキルなどもさまざまなため、話し方も変わるはずだ。
相手に伝わっているかどうかの検証は、常に心掛けたいことだ。

 

広報33箇条 真のコミュニケーション能力を身につけよ!

 

ご参考:広報力向上ブログ

このコラムに類似したコラム

自分が決める、ということ。 岩井美樹 - コピーライター(2014/07/01 15:19)

誇れる会社にする 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/10 18:51)

国際化の第二ステージ 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/23 09:28)

社内コミュニケーション・シンポジウムを終えて 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/02/21 22:24)

「社長は絶対」で解る広報体制 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2011/02/01 16:19)