取締役の義務と責任について その3 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

廣畑 信二
HSコンサルティング行政書士事務所 代表
大阪府
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

取締役の義務と責任について その3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
企業法務 取締役の義務と責任について

 前回、前々回と、取締役の義務の中でも「基本中の基本」とでも言うべき

 「善管注意義務」と「忠実義務」について説明してきました。



 しかしながら、この「善管注意義務」と「忠実義務」という取締役の義務は、

 「基本中の基本」であるがゆえに、観念的とでも言うべき言葉でもあります。



 ですので、今回からは、

 「善管注意義務」と「忠実義務」をより具体的にした取締役の義務について

 説明していくことにいたしましょう!


 
 今回は、その中の「競業避止義務」について説明します。



 取締役(以下、「役員」という)にとっての「競業」とは、

 『役員をしている会社と同じ分野の仕事をする会社を設立したり、

 あるいは、同じ分野の仕事をする他社の役員になったりすること』

 を指しており、

 「避止義務」というのは、それを禁止している、ということであります。



 つまり、「競業避止義務」とは、

 会社の役員は、会社と同じ分野の仕事をする会社を設立したり、

 あるいは、同じ分野の仕事をする他社の役員になったりすることを

 【原則として禁止】しているということです。

 
 
 
 ちなみに、この「競業避止義務」の根拠法は、
 
 会社法の【第356条第1項】と【第356条第1項第1号】になります。
 
 
 
 【原則として禁止】ということですから、
 
 当然に、「競業」が認められる場合もある、ということになります。
 
 
 
 「競業」が認められる場合とは、
 
 設立した会社や役員になった会社の取引について重要な部分を
 
 本来の会社の株主総会(若しくは、取締役会)において開示し、
 
 その承認を得た場合です。
 
 
 
 株主総会(若しくは、取締役会)の承認を得ることなく
 
 役員が勝手に競業を行って、
 
 本来の会社に損害を与えるようなことになった場合は、
 
 本来の会社は、その役員に対して損害を賠償させることができます。
 
 
 
 では、その損害賠償の金額はどのように算定するのでしょうか?
 
 
 
 会社法第423条第2項にはこのように規定されています。
 
 
 
 『取締役又は執行役が第356条第1項の規定に違反して
 
 第356条第1項第1号の取引をしたときは、
 
 当該取引によって取締役、執行役又は第三者が得た利益の額は、
 
 前項の損害の額と推定する。』
 
 
 
 つまり、役員が新しく設立した会社、又は、
 
 役員となった会社が取引上で得た利益を
 
 本来の会社が得るべき利益であったと推定して、
 
 その得た利益の額を損害賠償の額と見做す(みなす)ということです。
 
 
 
 会社の取締役には、会社の利益を図るために忠実に働くという
 
 「忠実義務」が根底にあるわけですから、
 
 会社に損害を与えるような競業を行うことは
 
 忠実義務に違反していてとんでもない、ということになるわけです。

このコラムに類似したコラム

平成25年改正会社法の要綱その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/02/10 13:06)

株主代表訴訟の対象となる取締役の責任の範囲 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/01 06:38)

取締役の辞任 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/29 21:23)

取締役解任の訴え(会社法854条) 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/29 21:19)

事実上の取締役の責任 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/29 21:00)