今後の金利動向(6月7日) 一部加筆しております - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今後の金利動向(6月7日) 一部加筆しております

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
相談業務 店舗タイプ

上書き保存されてしまったので、念のため再掲載します。

なお、13日時点においても下記の動向に変化はありません。

 

金曜日のNY市場の大幅下落を受けて、月曜日の日経平均株価は380円安と

今年最大の下げ幅となりました。

また、株式市場から逃げたお金が、債券市場に 向かい長期金利は

月曜日の終値で1.225%まで低下しました。

これには以下の原因が考えられます。


当初は、中国やインドといった新興国の景気 回復に引っ張られる形で、

先進国といわれる日米欧の景気も徐々に回復していくだろうという

シナリオが有力でした。

 

しかし、アメリカや日本の経済指標が予想 よりも弱いところに、

欧州の財政・金融不安が重なり、先進国はこのまま景気回復しないのでは

ないかという悲観論が徐々に強くなってきました。

 

今後もこのような不安定な動きは当面継続するものと考えられます。


このような状態になると、どうしてもお金は債券市場に向かいやすくなり、

長期金利は低下します。

アナリストの予想でも長期金利の幅は1.1%~1.4%に集中しており、

再度1.2%割れが起こる可能性は充分にあります。


こうなると長期金利に連動するフラット等の全期間固定金利型は

さらに金利が下がる可能性が強まります。

6月分のフラット35の最低金利は2.41%でした が、

7月分は横ばいかさらに低下する可能性もあります。

 

変動金利が日本銀行の政策金利0.1%に連動している関係で

なかなか下がらない中、今後はますます 金利の選択に悩むところです。


しかし、ここまで長期金利が低下するのはある意味チャンスでもあり、

返済計画が立てやすい全期間固定金利型で変動 金利リスクを負わない選択が、

現在は一番ベターではないかと感じています。

 

沼田 順

 

私のブログで今後の金利動向等を解説しておりますので

よろしければご訪問くださいませ

住宅ローン、不動産アドバイスブログ


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 不動産(住宅)にまつわる初級・中級者向け何でも相談(店舗)

不動産(住宅)の相談内容は千差万別です。お客様を個別具体的なアドバイスでサポートいたします。

料金
7,143円

「不動産」という言葉を聞いて、皆様はどのようなイメージをお持ちになりますか。恐らくほとんどの方は「難しい」というような想像をされると思います。しかし住宅購入や住宅資金、住宅ローンといった分野ではこの「不動産」という言葉から離れることはできません。そんな時はどうぞ私にご相談下さい。難しそうに感じるこの分野をお客様が納得し行動できるように、具体的にわかりやすく解説いたします。

不動産(住宅)にまつわる初級・中級者向け何でも相談(店舗)

このコラムに類似したコラム

住宅ローン固定型希望が急増中 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/07 11:36)

住宅ローン 頭金0でも大丈夫? 大谷 剛史 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/13 16:35)

8月度の住宅ローン金利 徳本 友一郎 - 不動産コンサルタント(2010/08/02 15:08)

6月度の住宅ローン金利 徳本 友一郎 - 不動産コンサルタント(2010/06/06 13:52)

努力!マイホームを買いたい!だから住宅ローンを覚えるぞ 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/21 09:41)