ある時払いの催促なし - 確定申告 - 専門家プロファイル

峯村 照秋
みねむら総合会計事務所 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ある時払いの催促なし

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告

住宅ローンで足りない分を、ご両親に出してもらったら


住宅を買うとき、金融機関の住宅ローンで足りない分をご両親に出してもらうことがあります。ご自身の収入では、毎月住宅ローンを返済すると目一杯ということもあると思います。場合によっては、ご両親に出してもらった分は、返すつもりはあるのだけど後回しになりがち。このような「ある時払いの催促なし」は、税務署に贈与として認定される可能性が高いと思われます。

高額の贈与税が


ちなみに、2,000万円をご両親に出してもらったところ、税務署が贈与と認めると贈与税額は720万円。出していただいた金額の1/3以上、税金を支払わなければなりません。

借り入れの契約書を作る


このようなことにならないように、親子間で借り入れでも、きちんと金銭消費貸借契約書を作っておくことが望ましいです。

作った契約書の取り決めは守る


それでも、親子間では契約書の取り決めどおり、返済期限や元利の支払いなどが守られない場合があります。税務署から、形式は貸借でも実質は贈与、と指摘されないようにする実行する必要があります。
 |  コラム一覧 |