ニセ経営視点論者に告ぐ:金勘定と経営を混同するな - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社SGOソリューションズ 
東京都
経営コンサルタント
03-5326-3618
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ニセ経営視点論者に告ぐ:金勘定と経営を混同するな

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
ノンセクション

 

※この話は経営者の方に向けたものではありません。

 

「経営視点」などという言葉遊びで金勘定を経営と混同している輩の話。



「費用対効果」という言葉がある。

 

「効果」の定義もせずに、それを語る輩が多すぎる。

 

具体論を聞くと決まって

「投資に対する回収」と答えます。私の欲しい答えはそれではない。

私は「回収」という行為の主語を聞きたいのだ。

 

最終的にはこううそぶく。

 

「経営視点からみるとそういうことでしょ」

 

はっきり言おう。

 

「違う」と。

 

金勘定というのは出銭と実入りの金の話でしかなく、「効果」や「投資回収」というものとは

概念的にも別次元の話なのだ。

 

それを分からず、「経営視点」などと言う言葉でそれらしく言ったところでただの

短絡思考でしかない。

軽々しく「経営視点」などと語るな。

費用対効果という言葉は大きく、きわめて視点の高い話なのだ。

経営者は「効果」や「回収」を広い視点で捉え、時には近い目線で、時には遠目の

目線でそれを考え、決断をするのだ。短絡的なニセ経営視点論者にはこの話の意味は

分かるまい。

 

経営者・管理者・営業パーソンのための
売上アップ専門情報サイト
「売上アップ総合研究所」
 
弊社出展中!「オールアバウト プロファイル」
 
弊社誕生のルーツがわかる「覚悟の瞬間」

 


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社SGOソリューションズ 

今すぐやれることから、企業のリソースを活かした営業支援を実行

営業支援(戦略・戦術の設計から実行・検証)を切り口に、人材の成長と強い組織づくりのトータルソリューションを提供しています。提案や研修という行為をゴールにするのではなく、実行後の「成果」に徹底的にこだわり、企業の成長をバックアップいたします。

03-5326-3618
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ノンセクション」のコラム

このコラムに類似したコラム

IoT&Enterprise Forum 2016Winterのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/12/02 10:38)

業務の効率化や標準化 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/27 10:25)

時間はもはや経営資源 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/08/12 09:48)

セキュリティセミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/03/15 14:56)

情報活用の目的を明確にしよう 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/01/30 10:46)