「良く見せる」が広報ではない - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「良く見せる」が広報ではない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

誰しも報道発表をした際、好意的な報道がされると気持ちが良いものである。報道したメディアに理解を得られただけでなく、またそれを見た視聴者や読者も好意的に受け止めるからだ。広報を担当していることの喜びを実感できる瞬間ではないだろうか。

 

しかしこの好意的な報道を獲得するのが広報の目的ではない。あくまでも広報は情報の受発信をする手段である。このことを履き違えている人は以外に多いのではないだろうか。
上辺だけで良く見せたいという姿勢は、結果的に良く見られるとは限らない。むしろ逆にとられると認識しなければならないであろう。

 

例えば、調子の良い時だけ都合の良い事を言う友人がいたら、あなたはこの人のことを親友と思えるだろうか?何かあった際に、助けたいと思うだろうか?むしろ調子の良い奴という認識をしないだろうか。うわべだけで中身は何を考えているか解らないと思わないか?しんどい時、苦しい時にも情報発信を行い、今こういう努力をしている、まだ不十分であるがこんな結果が出てきたなどと正直に言ってくれる人の方が、信用できるのではないだろうか?

 

メディアリレーションも同じこと。良い時にしか話さない、都合が悪いとダンマリを決め込む、社会貢献すれば良いのだろうと事業と全く関係ないCSRをアピールする、またそのCSRがメディアに取り上げられそうになければ企画段階でボツにするなど、思い当たる節はあるのではないだろうか?

売名行為だけのCSRを行ったとしても、少なくともメディアはお見通しであるため報道はしないのであろう。

 

結果的に良く見られたのであれば、良いことだけを発信するのではなく、どんな時でも積極的に情報開示をしていく姿勢を見せていくことではないだろうか?

 

広報11箇条 広報は常に姿勢を見られていると理解せよ

 

ご参考:広報力向上ブログ

このコラムに類似したコラム

いつも頭に付箋紙を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/12 09:43)

妄想リリース活用のススメ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/06/26 11:28)

広報部は雑種 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/05/11 08:43)

SNS時代の社内広報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/11 22:26)

社内報のグローバル化 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/09 22:36)