不動産取引における重要事項説明について 簡単に - 賃貸契約・敷金・礼金トラブル - 専門家プロファイル

さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者
大阪府
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産取引における重要事項説明について 簡単に

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 賃貸契約・敷金・礼金トラブル
不動産 相談

 

「さくらシティオフィス」 の松本です。

 

All About ProFile に参加させていただきましたので、

せっかくですから、名刺を作らせていただきました。

表面だけになりますが公開させていただきます。

(名刺は営業ツールの一つですので裏面は企業秘密です。)

 

さて、

簡単にではありますが、タイトルにありますように、

宅地建物取引業者に義務づけられている、

重要事項の説明義務について、

触れさせていただきたいと思います。

 

宅地建物取引業者のあいだでは、

よく、「35条書面」 と呼んでおりますが、

不動産取引における購入者等に 「重要事項説明書」 を交付し、

書面に記載されている事項について、

宅地建物取引主任者に説明させなければなりません。

 

この重要事項の説明は、説明を受ける者が理解しやすい場面で、

わかりやすく説明することが求められています。

宅地建物取引業者からの説明が不十分であった場合には、

説明告知義務違反が問われるケースも存在します。

 

宅地建物取引業者は言うに及ばず、

不動産の購入者や賃貸者の方にも求めたいことは、

わからない箇所や説明が不十分であると思った場合には、

宅地建物取引業者等に対して積極的に質問するなど、

取引をされる不動産、取引物件について、

十分、理解して、納得されることです。

これらのことが、不動産取引におけるトラブルを回避するために、

必須のことになるのではないかと考えております。

ご留意いただきたいと思います。

 

ここまでにさせていただきます。

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

     

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 行政書士)
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

カテゴリ 「不動産」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 大阪・奈良・三重県在住者限定 初心者向け不動産取引簡単相談

初めて不動産取引をされる方へ、注意すべき事項などについてアドバイスさせていただきます。

料金
3,810円

初めて自宅を購入される場合、購入判断基準があいまいなままでは、思わぬ方向に流されてしまい、その結果として、不本意な不動産取引を行うことになりかねません。そのようなリスクを除去していただくとともに、高価な買い物ですので、注意すべき点を指摘させていただいて、安心して購入できるための方策について、また、賃貸マンション等への入居時の契約等についても、助言させていただきたいと考えております。

大阪・奈良・三重県在住者限定 初心者向け不動産取引簡単相談

このコラムに類似したコラム

トラブル事例①~トラブル発生の根拠と対処法 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/06/23 10:36)

不動産売買 トラブル相談例⑦【住環境の注意点:用途編③】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/05/12 09:00)

不動産売買 トラブル相談例⑦【住環境の注意点:用途編②】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/05/10 18:06)

不動産売買 トラブル相談例⑦【住環境の注意点:用途編①】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/05/10 18:01)

消費税が上がる前に購入をとお考えの方に耳寄り情報が 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/18 06:11)