1-1 英語脳をつくるためには?その3 - 英会話レッスン - 専門家プロファイル

瀬川 直矢
瀬川直矢プライベート英会話 
大阪府
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1-1 英語脳をつくるためには?その3

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英会話レッスン

1-1 英語脳をつくるためには?その3

 

でも、そこを目指す前に、まず

 

「言いたいことを単純にして、それを英語にする」

 

ことから始められてみてはどうしょうか?

 

 

 

これに慣れてくれば、次は

 

日本語をあまり使わないように意識して下さい。

 

 

そして、言いたいことをイメージして

 

そのイメージに英語を直接あてていく練習に

 

切り替えていかれればいいと思います。

 

 

 

僕はそれを繰り返していくうちに、

 

頭の中で日本語を使わなくても、

 

言いたいことが頭の中で映像として浮かび、

 

それを反射的に簡単な英語で言えるようになっていきました。

 

 

 

何度も繰り返して口から英語を出していれば、

 

口が勝手にリズムで覚えてくれます。

 

 

あせらずに。

 

日本語の細かい表現・ニュアンスを

英語に直そうとすることは

今はやめておきましょう!

 

 

まずはその目の前にあるお肉が美味しいのかどうか、

 

それをシンプルに伝えることが大切です!

 

 

言えないことは言わない勇気を持って下さい!

 

 

 

 

それともう1つだけ。

 

【○○は英語でなんて言うの?】

 

ではなく、

 

【この場合、英語ではなんて言うの?】

 

と考えることが大切です!

 

 

 

実は、

 

日本語の単語=英語の単語

 

という風には、ならない時がたくさんあります。

 

 

例えば

 

 

「いただきます!」

 “Let's eat!”

 

では、やっぱり意味が違います。

 

 

 

そりゃそうです。

 

だって、【言語は文化の一部】ですから。



日本の文化を説明するときは、日本語が一番いいです。

 

英語圏の文化を説明するときは、英語が一番いいです。

 

デンマークの文化を説明するときは、デンマーク語が一番いいです。

 

 

【言語は文化の一部】です。

 

 

だから、英語を話したいと思ったら

 

英語圏の文化を知ることがとても大切です!

 

 

 

◇今回のポイント◇

・言えないことは言わない勇気を持つ!

・この場合、英語ではなんて言うの?と考える。

 

 

 

このコラムに類似したコラム

英語を役立たせる 浦崎 友恵 - 英語講師(2010/09/07 21:00)

新春英語落語 浦崎 友恵 - 英語講師(2012/01/13 18:51)

シンプル英会話講座 初心者編を開催しました! イムラン - 英語講師(2011/03/03 22:48)

英語の勉強の準備をする イムラン - 英語講師(2011/03/05 11:00)

英語落語(2) 浦崎 友恵 - 英語講師(2010/12/18 10:35)