心理カウンセラーへの道のり【自己紹介】 - 性格・コミュニケーションの不安 - 専門家プロファイル

黒田 めぐみ
心理カウンセリング メンタルトレーニング 心理カウンセラー
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

心理カウンセラーへの道のり【自己紹介】

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 性格・コミュニケーションの不安
自己紹介

 けっこう内気な少女時代
1967年東京大田区に生まれ、緑豊かな洗足池公園そばで育ちました。
そして物事をはっきり言えない内気な幼少時代。いつもベソベソ泣いていました。

厳しいしつけは愛情だった
小学生の頃は、自営業で共働きの両親の元、日曜日の家族サービスはありません。しかし日々のしつけや教育には関心が高く、食事の仕方や挨拶などは厳しいくらい徹底していました。片づけが出来ないと、父親からはとランドセルや教科書、マンガなどを窓から捨てられました。

自由で気ままな学生時代
激しい親や世間に少しずつ揉まれて、いつしか内気な自分の存在は小さくなり、自由でのびのびとした学生時代を送りました。
「明日は明日の風が吹く」脳天気な一面が露出。しかし、部活や趣味からは、「続ければ必ず成果が出る」という成長する楽しさも学びました。


人生の転機はOL時代にやってきた
順調に卒業し就職し会社員9年目に恋愛結婚。仕事と家庭を走り回りながらも、脳天気な性質から、悩みとは程遠い生活を送っていました。人生いろいろ、様々な出来事が起こることは新聞や雑誌の世界。このあと天地がひっくり返るくらい一大事が、まさか自分に起こるなんて!そうなんです!! ある日、突然事故で夫が亡くなりました。この体験が、今後の私の人生を大きく変えることになるのです。
突然訪れた喪失体験、なんの心の準備もなく、後悔だけで頭の中がいっぱいになりました。
 「生きているうちにもっと分かり合えたら」 「もっと楽しい思い出をつくっておけばよかった」とか…。
最初のうちは、わけもなく誰かをうらんだり、考えないために何かに没頭したり、もがく時期が続きました。


まわりに支えられて勇気をもらった
それまでの私の人生はそこそこ順調で、「悩み」というものがよく分かりませんでした。ですので、まわりの人たちが悩んだり、泣いたりしているのを見ても何をしたらいいのか分からなかったのです。自分に悩みの概念がなかったのですからあたりまえですね。

しかし、私が喪失体験で気落ちしているときに、同僚や友人がとてもよい距離感で温かく見守ってくれ、家族が心の思いを気が済むまで辛抱強く聴いてくれました。今は辛い思いはしているけれど一人じゃない。後悔だらけのネガティブな自分も、悩みを抱えている自分も、まわりの人たちは、否定することなく受け入れてくれる。家族や友人たちがそばにいてくれる、つながっているんだなーと感じたことは当時の私にとって大きな勇気になりました。


明日は明日の風が吹く?違うじゃないか。明日が続くことって奇跡なんだ
まわりに支えてもらいながら、「明日が続くことは奇跡」という、大きな気づきを得ました。
人生、明日はどうなるかわからないのだから、今、自分でできることをして、日々の生活を大切に過ごそう。後悔のない人間関係を築いていかなくては!と思うようになったのです。

誠実にちゃんと心に触れてみたい
人が持つ悩みというものは、後悔しない生き方をしていくために重要なエッセンスであり、気づきになりうるものなのではないかと実感し始めました。気づきのために、まわりの人たちが私にしてくれたことと同じように、私もまわりに対して誠実にちゃんと心に触れてみたいと思うようになりました。

心理カウンセラーは夫からの贈り物
私は心理カウンセラーという職業を選択しました。それは、夫を含めまわりの人たちへの感謝から得られた贈り物だと思っています。
まわりの人たちが、私にしてくれたように、私も安心で安全な場所であり続けたい。
そして、今を誠実に生きて、悩みは気づきに変えて、新しいステージにつながるように努めていきたいと思います。

失敗してもいい。その経験を生かしたい
別離、失敗、挫折などを経験することは、辛くて悲しいことです。
そのようなことは、ないほうがいいのかもしれません。
しかし、その経験があるからこそ、今ある自分の幸せを実感したり、これからの在り方を考えるきっかけになるのでしょう。

カウンセラーになってからも失敗や挫折の連続ではありますが、そのたび何かを得て10年目を迎えました。辛い中からも、悲しい中からも可能性は必ずみつかるのだと信じています。
そのため、私のセッションではあなたの可能性を早くみつけたいがあまり、急ぎすぎることがあります。
そうならないように注意はしてはおりますが、ペースが速すぎるときには教えて下さい。

また、可能性を導き出すためのワーク(演習)やタスク(宿題)をお願いすることがあります。
どうぞ、そのあたりは、あたたかい気持ちでご容赦下さい。
なんにしても、自分の中の可能性の星☆をみつけたときのあなたの笑顔がみたいのです。
カウンセリング後のクライアントさんの笑顔が、さらに私の原動力となっていくのです。

このコラムに類似したコラム

【ご感想】私たちは釣り合わない夫婦だと思っていました 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/12 19:33)

【コラムのつなぎ目】4/11 プロカウンセラー養成研修のお話 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2013/04/12 00:19)

【コラムのつなぎ目】7/18 ここだけの話 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/07/18 14:53)

嫌われないためにはどうしたらいい? 黒田 めぐみ - 心理カウンセラー(2010/06/21 14:24)

相手に届く言葉でねぎらう 黒田 めぐみ - 心理カウンセラー(2010/06/18 11:01)