よくある『プリーズ!』 の誤用にご注意! - 旅行・留学と英語 - 専門家プロファイル

奥村 美里
フェリシオンジャパン株式会社 ネイティブ英語環境 主宰・同時通訳
東京都
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

よくある『プリーズ!』 の誤用にご注意!

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 旅行・留学と英語
スピーキング・英会話

こんにちは ネイティブ英語環境 奥村美里です。


何かを頼むとき「please + 名詞」と覚えている日本人の方がかなり多いです。

たとえば、飛行機の中で、「ブランケットください」のつもりで


"Please blanket."


といってしまったり


「コーヒー下さい」のつもりで


"Please coffee."


といってしまったりするのです。


そして通じなかったりしてしまうんですね。
何かを頼むときは


「名詞+please.」


といってくださいね。
日本で、喫茶店とかレストランとかで

「ご注文はなにになさいますか?」

ときかれ

「コーヒーで。」

とか普通に言いますよね。
これをそのまま英語にすると


"May I take your order?"

"Coffee."


となるんですが、
なにかを頼むときは必ず"please"をつけないと、
とっても失礼なんです。


私もこれが現地に行ったばかりのころは
わからなくて友達に注意されました。


"Say 'PLEASE'!" (プリーズといえ!)


って言われてしまいました(笑)


"Coffee."と普通にいうと、


「コーヒーもってこい!」くらいに聞こえます。
なので、「コーヒーをください。」といいたいときは
下記のように言ってくださいね。


"Coffee, please."

"Can I have a cup of coffee, please."


こういうちょっとした使い方は、海外ドラマや映画など、
実際「どういう場面でどういうフレーズで
使われているか」見て、実際に口に出して発音して
覚えたほうがいいと思います。


頭の中で「日本語→英語」の翻訳して話そうとすると
不自然な英語になったり、そういうつもりはまったく
なくても失礼な言い回しをしていたりするんですよね。

逆にテレビや映画やCD教材など、実際ネイティブの
言っていることから学ぶと不自然な言い方は身につかず、
適切な状況で適切な言い回しができるようになります。

 

1300人が話せた!英語習得の6ステップ登録は下記からどうぞ!(無料です)

http://www.outloud-english.com/landing/


今回も最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

今日があなたにとって特別に素敵な一日になりますように!


ネイティブ英語環境 奥村美里
http://www.nativeenglish-env.com/

 

 

このコラムに類似したコラム

つづりのワナ 奥村 美里 - 英語講師(2011/08/16 06:00)

日本的相槌はウザい? 奥村 美里 - 英語講師(2010/07/20 12:00)

appleのaと、umbrellaのuは全く違う発音 妹尾 佳江 - 英語講師(2016/09/08 00:34)