記事:三菱化学やシャープ、デジタル部材大幅増産に関する考察 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

記事:三菱化学やシャープ、デジタル部材大幅増産に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営戦略 インターネットマーケティング

皆様、

こんにちは。グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

6月8日付の日経新聞に『『三菱化学やシャープ、LEDなどデジタル部材大幅増産』に関する記事が掲載されました。

以下、その抜粋です。

「化学、電子部品メーカーが供給不足が深刻になっている発光ダイオード(LED)など、デジタル家電向け部材の大幅増産に乗り出す。三菱化学は液晶テレビ向けに需要が急増しているLEDの生産に必要な素材の生産能力を2015年度までに6倍に増強。シャープは年内、東芝は11年からLED素子の量産を始める。新型デジタル家電の売れ行き拡大に伴い、関連部材は世界的に需給が逼迫(ひっぱく)しており、生産体制を強化する。

 現在、液晶テレビのバックライトや照明器具に使うLEDとその関連部材の供給不足が最も深刻になっている。デジタル機器に使われるハードディスク駆動装置(HDD)や半導体メモリーの品薄も続いている。ソニー、パナソニックはこれらデジタル部材の調達難により、LED搭載液晶テレビの新製品を一部、発売延期した。。。。」


新興国向けの需要増や、エコポイント等の補助金施策によるデジタル家電の需要が伸びた結果、電子電機部材の一部に品薄感が出てきたため、関連メーカーが増産に走り始めました。

欧州での過剰債務の問題などしょうしょうのリスクはありますが、中国、インドなどの新興国での需要が活発でありますので、デジタル製品向け部材の需要は継続的に伸び続けると予想されます。

今まで慎重だった化学、電子部品メーカーが、LED、半導体、HDDなどの関連部材の供給能力向上に動き出しています。設備投資を行う企業も出て来ました。
三菱化学、電気化学工業、豊田合成、住友ベークライト、日本ゼオン、シャープ、東芝、HOYAなどのメーカー名が出ています。


ベンチャー・中小企業は、この動きをとらえて、差異化できる技術・ノウハウを活用して市場参入出来るようにしましょう。

大事な事は、市場を読み『顧客の声』を良く聞く事です。
また、今までお付き合いしてきた仕入先、協力会社からも声を聞く事も重要です。

各企業は、そのおかれている状況下で様々な開発、設計、製造、販売の計画を作成し、実行しようとしています。


新規顧客の声を聞く方法として、自社Webサイトの「問い合わせ」コーナーから、メール、Fax、電話などで問い合わせをもらう方法があります。
特に、新規見込み客の声を聞く事が出来ます。


今は、殆どの企業がインターネットから必要な情報を検索し、手に入れています。上述しました新規事業の展開時の検討もネット検索から入る企業が圧倒的に多いはずです。

ベンチャー・中小企業にとって大事な事は、ネットの検索作業で、自社の技術や製品・サービスなどを探してもらう事です。
上位検索してもらうために、SEO(Search Engine Optimization)対策やSEM(Search Engine Marketing)などの検索エンジン対策を推奨するITベンダーがいます。

確かに、このような対策も大事ですが、もっと重要な事は、Webサイトのコンテンツの充実です。
私は、仕事柄、ほとんど毎日検索・情報収集を行っています。全て、ある仮説の妥当性確認のための調査や、事実確認のために、その一歩としてネット検索を行います。

ようやく、目的のWebサイトにたどり着いて必要な情報に巡り合った時のうれしさは格別です。
実は、昨日もある調査業務の為、情報の確実さを確認するため様々な情報源をあたり、確認していました。
多くのWebサイトは、まだまだ、必要な情報が容易に探せる状態になっていません。


多くの技術者やビジネスマンは、明確な目的を持ってネット検索を行っていますので、その検索作業で引っ掛かれば、問い合わせから引き合い、受注につながる可能性は高くなりますし、同時にお客の声を聞けます。

私は支援していますベンチャー・中小企業にはWebサイトの充実をお願いしています。
自社で得意な技術、ノウハウ、製品、サービスなどの特徴を判り易く掲載することが重要です。勿論、誇張説明やうそはもってのほかです。

この作業は大きな宣伝広告になると共に、見込み客と直接会話できる機会が増えます。

古いコンテンツのままでは、ネットの海の中に埋没し、誰からも見つけてもらえないと実感しています。

Webサイトのコンテンツの充実や更新は、自社を知ってもらうために大事なことです。


よろしくお願いいたします。
以上、

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

このコラムに類似したコラム

EC化が着実に浸透 電子商取引の市場調査:に見る状況と今後の対応 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2010/07/30 11:16)

勇気のあるメッセージ 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/09/04 11:31)

セールスに有効な顧客事例 別所 諒 - マーケティングプランナー(2011/12/23 10:36)

日経記事;『通販市場、伸び再加速10年度本社調査』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/10/19 14:04)

日経記事;通販市場8.4%増 10年度、12年連続プラス に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/08/25 11:55)