海外赴任とその家族VOL.1 - ビジネス英語 - 専門家プロファイル

石田 さおり
アクティブ英会話講師紹介センター 代表取締役
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外赴任とその家族VOL.1

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. ビジネス英語
海外赴任とその家族

勤務先から突然、ご主人(お父様)が海外転勤を言い渡されました。

お子様をお持ちのお母様、さてあなたならどんなお気持ちになるでしょう?


お父様は通常、ご家族よりも一足早く日本を離れます。



お父様にとっても初めての海外生活ですからお父様ご自身も大変です。

職場では外国語を使って新しい仕事を覚えなければなりませんし、プライベートでは家族の住まい探しやお子さんの通うであろう学校探しと大忙しです。万が一の時の為にドクターのチェックなども必要でしょう。



また慣れない外国で家具・電化製品の購入、地区によっては必要なプライベートカーの購入などと出費も重みます。


一方、ご家族はお父様より遅れて2~3ヵ月後に出国されるケースが多いので、出国までに3ヶ月間の時間が残されているわけですが、実はこの3ヶ月間もお母様にとっても大忙しの日々、お子さんにとってはもしかしたら不安な日々になるのかもしれません。



この3ヶ月間はお父様とお母様がきちんと役割分担をして、合理的に動いていかないと乗り切っていけないと思いますので、その辺りをしっかり肝に銘じてください。


事実上数ヶ月間は別居生活になるわけですから、駐在先で出来ることはお父様の役割・日本で出来る事はお母様の役割として両者で連絡を取り合ってキチンとこなしていかないとなりません。


細かな事で気をつけておきたい点は多々ありますが、ここではまず日本に残ったお母様に主に焦点をあててお話していきましょう。


お母様の主な役割は、長期的なお子様の教育問題(出国後から帰国後まで)や精神的なサポート、物理的には今住んでいる住まいをどのようにするか?などが主なお仕事になってきます。



次回から、このコラムでは、その中でも特に心配となるであろうお子様の教育問題について重点的に、これから少しずつお話をさせていただこうと思います。

このコラムに類似したコラム

脳心理学に基づいた英語の教え方ー8 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/06/20 21:50)

デジタルデバイド インフラ整備の落差 山中 昇 - 英語講師(2012/04/16 14:41)

Critical Thinking の重要なステップ - #1 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/04/07 20:44)

[英語は幼いうちに]は大きな間違い 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/02/14 18:53)