結局頼れるのはキャッシュ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結局頼れるのはキャッシュ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、すっかりと初夏の陽気ですね。


昨日からの続き、利益力の算定表示の次にきた会計について。

キャッシュの重要性が認識されてきた、という話をしました。


「利益力の算定表示のためにこそ」実現している収益を

認識することが必要、という話でした。

このお話にはもうひとつの側面があります。

それは


「会社が危ないときに頼れるのは現預金」


ということです。

昨今のような経済情勢にあって、どれだけ売上や利益が

あっても現預金が足りなければ信用は得られません。

原初の会計で目的とされていた「借入返済の原資」を

知りたい、という目的が今になって改めて要請される

ようになってきたのです。


そんな変遷があり、資産についても少し考え方が

変わることになりました。

それはまた明日。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

金銭感覚は身体感覚である 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/24 07:00)

税制の変更について 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/07 07:00)

形にするのは簡単・・・なのですが 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/04 07:00)

儲けとは何か? 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/24 07:00)

アメリカ確定申告とアメリカ会社設立、どうしてアメリカ会計事務所を選択するか? 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/09/20 23:02)