私はその夜、被災地に入りました 13 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私はその夜、被災地に入りました 13

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●建物の安全性を求めて ☆阪神大震災体験記
 若宮ランプを北上すれば叔父の家だ。この辺の橋脚もことごとく圧壊している。木造の叔父の家なんて原型が残っているとも思えない状況だが、付近を流れる数本の河川のおかげで類焼だけは免れている様子だ。
 依然として辺りは真っ暗で時々通る車のライトを頼りに歩いている。時間はもう10時を過ぎている。叔父の家まで数十メートルまで迫った時、建物の形を留めていない固まりが目に入って来た叔父の家の辺りだ。
 目から涙が溢れてきた「叔父貴、叔父貴、叔父貴」うわごと様につぶやきながら駆け出していた、こけつまろびつしながら家に近づくと、辛うじて叔父の家は建っていた。
 北隣の鉄骨3階建てのアパートが道路の方へ倒壊したのが、叔父の家に見えたのだ。叔父の家は数年前に防音対策工事をしており外壁が2重になっていた。結果的に外側の壁が古い壁を包む様にしていた為倒壊を免れたのだ。
 まわり3方の家はことごとく倒壊している。叔父の家に飛び込み声を限りに叫んだ「叔父貴!!」返事が無い。
しかし生存していると直感した。階段が落ち壁が崩れ落ちているがそれを片づけた形跡があった。こんな状況で住人以外誰が家を片づけるだろう、これは生きている。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●建物の安全性を求めて」のコラム