キャッシュの重要性が高まった - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キャッシュの重要性が高まった

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、組閣が少しずつ決まっているようです。

くどいようですが、政治が原因での不安は極力

取り除いて欲しいものです。



昨日からの続き、利益力の算定表示から次の段階に進んだ

会計について考えてみます。


例えば「実現していない収益」でも収益として考える、

というのが前段階での会計でした。

実務上の要請から実際には収益計上をしないことも多いのですが、

その理由は


「やはり実現していないような収益を計上すると、

いくらなんでもやりすぎなんじゃない?」


という感覚です。

少し言い換えると「現預金の裏付けがなさすぎる」ことです。

バブル期に自分の持っている土地が値上がりするのをニヤニヤと

楽しんでいる人が多かったそうですが、その値上がりは売却して

初めて実現するわけです。

ところが、実際には売却をせず保有を続けたことでその利益が

正しくバブルのごとく消え去ったわけで。


つまり、利益力の算定表示のためにはやはり「実現していること」、

要するに「現預金の裏付け」があった方が良いのでは?

という考えになったのですね。


更に、現預金を重視する理由は他にもあります。

そのお話はまた明日以降。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

金銭感覚は身体感覚である 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/24 07:00)

税制の変更について 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/07 07:00)

形にするのは簡単・・・なのですが 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/04 07:00)

儲けとは何か? 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/24 07:00)

アメリカ確定申告とアメリカ会社設立、どうしてアメリカ会計事務所を選択するか? 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/09/20 23:02)