椅子から立ち上がるときの腰痛 - 神経痛・腰痛・ヘルニア - 専門家プロファイル

けんこうカイロプラクティックセンター オーナー院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
田中 和恵
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

椅子から立ち上がるときの腰痛

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 神経痛・腰痛・ヘルニア

椅子から立ち上がるときに腰に痛みを訴える方はいらっしゃいますか?

 

「はい」(かつての私がそうでした)

 

30分ぐらい椅子に座っていると、立ち上がるときには、「よっこいしょ」どころか

 

「よっっっっっこいっしょーーーー」ぐらいでした。

 

腰が固まってしまったようで、なかなか立てません。

 

原因を考えていくと、やはり筋肉の緊張があげられます。

 

筋肉を緊張させてしまう原因としては、物理的には椅子が低いことやソファなどのように柔らかすぎる、

 

メンタル的にはやはりストレスの関係があります。

 

まずは、腸腰筋(ちょうようきん)と腰方形筋(ようほうけいきん)に緊張があると

 

これらの筋肉が緊張していると、立ち上がるときに腰が曲がった状態になり、太ももに手を当てて立ち上がるような格好になります。

 

では、どのようにするといいのかというと、

 

椅子から立ち上がる前に、少しのエクササイズが有効なんですね。

 

座ったままで、片膝ずつ上に上げるそれを10回ぐらいやってみて下さい。

 

楽になりますよ。

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
けんこうカイロプラクティックセンター オーナー院長

患者さんの症状に合わせた完全フルオーダーメイド施術をします

徹底的に患者さんの痛み・悩みを聞き、症状に合わせ、カイロプラクティック・メンタルヘルス・コーチング・心身条件反射療法(PCRT)・潜在意識イメージ療法(SCIT)テクニックを駆使して、感動するような完全フルオーダーメイド施術を行います。

このコラムに類似したコラム

足と背中、腰の痛み ・・・ お客様の声 山中 英司 - カイロプラクター(2013/04/10 17:22)

ぎっくり腰を起こしやすい原因は。。。。 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2011/11/17 11:54)

慢性腰痛(筋筋膜性腰痛症)事情とは 岩崎 治之 - 柔道整復師(2011/09/09 12:27)

痛みの種類によって原因が違う 井元 雄一 - カイロプラクター 博士(健康科学)(2012/11/16 15:00)

病院で原因がわかる腰痛、わからない腰痛、多いのはどっち? 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2016/02/24 16:35)