一戸建住宅における修繕積立金という概念の必要性 - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者
大阪府
行政書士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一戸建住宅における修繕積立金という概念の必要性

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
不動産 相談

「さくらシティオフィス」 の松本です。

 

一戸建住宅にお住まいの方から言われたことがあります。

 

「購入するときに、マンションにしようか。一戸建住宅にしようかと迷ったのですが、

 結局、一戸建住宅にしました。

 月あたりに生じてくる一般管理費や修繕積立金などを、

 負担する必要がありませんから。得をしたような感じがあります。」

 

確かに、得をしたように感じることは否定できません。

しかし、今少し突っ込んで考えていただく必要があるように思いました。

 

いつか修繕する必要が生じることになる。

 

マンションでは、修繕に備えて、管理組合が各区分所有者から修繕積立金などの名目で、徴収した金銭を積み立てています。

修繕の必要が生じた場合には、集会を招集して決めていくことになります。

 

一戸建住宅には、そのような手続きは要しません。

 

たとえば、外壁にひび割れが生じた場合には、工務店等に依頼して、修繕することになります。

その修繕にかかる費用は、他ならぬ所有者が負担することになります。

預貯金を取り崩したり、有価証券等を売却したり、貯蓄性の高い保険商品を解約したりして、修繕費用を工面することになります。

借入金に頼るケースもあります。

 

一戸建住宅にも、修繕のための積立金が必要だということが、おわかりいただけると思います。

大切なポイントの一つであると思い、書かせていただきました。

お住まいを選ばれる際の参考材料の一つとして、お役立ていただければ、幸いです。

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

        

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 行政書士)
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

カテゴリ 「不動産」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 ライフプランに合わせたお住まい探しの考え方のお手伝い相談

事前に知っておく必要のある考え方を伝授させていただきます。

料金
5,715円

人々の価値観が多様化していくにつれ、それに合わせるかのように、生活観やライフスタイルにも影響を与えているように思います。お住まいに対する、いい意味でのこだわりやニーズの多様化現象が起こっていることを実務を通じまして、感じているところです。「自分のライフステージに合わせてお住まいを考えていきたい。」そのようなウォンツをお持ちの方をサポートさせていただく相談サービスをご提供いたします。

ライフプランに合わせたお住まい探しの考え方のお手伝い相談

このコラムに類似したコラム

中古住宅 瑕疵保険の解りやすい動画! 西澤 照彦 - 1級建築士・宅地建物取引士(2016/10/04 10:09)

【GW特別企画】第1弾・消費税増税対策!不動産購入セミナー 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/04/24 16:47)

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅買い替えの秘訣 セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/02/08 10:26)

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅購入セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/01/25 17:41)

≪アドキャストpresents*新築住宅購入セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/12/21 13:50)