6月のフラット35の金利発表、金利は大幅低下 - 住宅ローン審査 - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

6月のフラット35の金利発表、金利は大幅低下

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン審査
相談業務 店舗タイプ

6月2日に住宅金融支援機構から6月のフラットの金利が発表されました。

フラット35の最低金利は2.41%と前月比0.1%の大幅な低下となりました。

三井住友銀行でも0.07%でしたので、それを上回る引き下げ幅になります。


5月の下旬に長期金利が1.2%を割り込んだ影響もあり、生命保険会社等の引き受け手の

機関投資家が安全志向を強めたため、機構側も有利に資金調達できたものと考えられます。


ここでフラット35Sが利用できる物件であれば、当初10年間はさらに金利が1%

引き下げされるため、当初10年間の金利は1.41%と変動金利とほとんど変わらない水準となりました。


さすがに、この水準がボトムだと思いますが、金融市場の不安定な動きが続いているため、

しばらくはこの水準での動きが続くような気がします。


ここまで条件が良くなると、フラット35Sの利用もさらに伸びると考えられますが、

金利1%引き下げは今年の12月30日の申込分までであり、募集金額が一定に達すると

終了する旨記載されていますので、注意が必要です。



補足:フラット35の金利は2.41%~3.36%まで金融機関により差が生じています。

これは何故なのでしょうか。当然ながら機構から金融期間が調達する金利はこれよりも低い金利です。

ここで手数料相当額を先に現金で取るのか、金利に上乗せするのかで1%も差が生じています。

前者はモーゲージバンク等のフラット専門業者、後者は一般的な銀行が当てはまります。

また大手銀行等は自分達で資金調達できるため、フラットにあまり積極的でない金融機関もあります。

 

沼田 順

 

以下の私のブログも参考になると思いますので、よろしければご訪問下さい(日本ブログ村1位です)

住宅ローン、不動産アドバイスブログ

 

 


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 初めての住宅ローン選び(メール、提案書なしプラン)

貴方は住宅ローン選びに自信はありますか。そんな時は、住宅金融公庫出身のCFPにおまかせ下さい。

料金
5,000円

最近は住宅ローンも様々な商品が登場し、本当に自分のライフプランに合った住宅ローンを選択するのが難しくなりました。しかし、住宅ローン選びは物件を選ぶのと同じくらい大切な作業であり、この作業を中途半端にしてしまうと将来の生活設計も狂いかねません。公庫時代から現在まで、住宅ローンを見続けてきた筆者が、将来の金利動向も踏まえ、お客様に本当に合った住宅ローンを選べるように、サポートいたします。

初めての住宅ローン選び(メール、提案書なしプラン)

このコラムに類似したコラム

12月のフラット35の気になる金利発表 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2010/12/02 15:00)

今後の住宅ローン、変動金利の行方 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/04 06:04)

6月の住宅ローン、金利決定までのプロセス 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/04 05:47)

住宅ローン金利が過去最低 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/01 03:13)

変動型の金利はどのようにして決まる? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/10 12:00)