売れなくても利益に貢献するものがある - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

売れなくても利益に貢献するものがある

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、会計に関するお話も

結構政治的な要素を孕みつつある昨今。

日本の政治は、そこまで気はいっていないだろうなぁ…。


昨日からの続き、資産の本質について。

「利益に貢献するか」がポイントであって、「売れるかどうか」は

本質ではないというお話を紹介しました。

そんなものあるのか?という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。


例示としては「不動産に入居するときの権利金」などを挙げておきます。

この権利金は、それ単品で外部に対して売り渡すことが出来るような

ものではありません。

しかし、そこで権利金を支払ったことによってその不動産が活用出来る

ようになり、その結果企業は売上をあげることができるわけです。

従って、権利金には「売却可能性」はないが「利益貢献性」は

あることになります。


コレ以外にも、そういった性質をもつ資産は結構あります…が、

実はこの資産の本質論は、ここ10年で更に変質しています。

その点はまた改めて。


明日、未実現利益について触れてみます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

援護射撃がないと辛いよね 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/26 07:00)

ガラパゴス会計? 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/25 07:00)

ある日、突然赤字企業になりました 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/16 07:00)

売上と売上原価の対応 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/02 07:00)

会計の目的とは何なのか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/12/01 07:00)