経営予算は情報の宝庫 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経営予算は情報の宝庫

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

上場企業の約8割が3月決算であることからすると、現在多くの企業で2009年度経営予算の策定作業をされていることだろう。販売サービス部門、製造部門、開発部門、海外部門、管理部門などそれぞれの現場から年間での施策や目標数値が上がり、部門ごとでヒアリングなどを繰り返し、最終的に社長の決裁をいただくというのが一般的なのだろう。

 

広報部門としても要員計画、発表やイベントにかかわる経費、会社案内などのツールの制作費、Webメンテナンス費、広告費などを精緻に積み上げて計上することだろう。しかし広報部門の最終的に提出された綺麗な1枚物の予算書を他の部門が見た場合に、果たして具体的な広報部門の施策や取り組みがわかるだろうか?つまり、最終的な予算書を見ただけでは各部門の置かれている状況や具体的な施策などは見えてこないという訳である。

 

広報担当者は、全社の予算書に目を通すのは当然として、各部門の予算書の詳細版の入手を行うことに加え、各部門のヒアリングにも参画し、情報のみならずその際の社長や部門責任者の考えや雰囲気なども感じ取ることが望ましい。実際にリリースなどには書けないものの、その新商品などに対する本当の狙い、会社としての位置付け、意気込みなどの情報もメディアに伝えていく必要があるからだ。

 

記者は記事は足で稼げと言われるが、広報担当者も社内に隠れている広報素材を足で探してこなければならない。この慌しい予算策定作業ではあるが、広報担当者は格好の情報収集の機会と捉え、積極的に各現場へ足を運んではいかがだろうか。

 

広報3箇条 予算策定時に積極的な情報収集を!

 

ご参考:広報力向上ブログ 

このコラムに類似したコラム

有事に向けた広報部門の役割 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/05/28 13:00)

大事なのは受信体制の構築 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/05/28 10:00)

グループ会社間のメディアミックス 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/18 16:12)

SNS時代の社内広報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/11 22:26)

誇れる会社にする 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/10 18:51)