別居期間が1年余りの夫婦 - 離婚原因・離婚回避 - 専門家プロファイル

行政書士阿部オフィス 行政書士
神奈川県
行政書士
045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

別居期間が1年余りの夫婦

- good

判例情報 離婚


家裁月報第62巻第4号
離婚請求控訴事件
大阪高 平21.5.26(判)
【別居期間が1年余りの夫婦について婚姻を継続し難い重大な事由があるとされた事例】
控訴人(夫)は、被控訴人(妻)と約18年にわたり大きな波風の立たないまま婚姻生活を送ってきていたが、80歳に達して病気がちとなった控訴人がかつてのような生活力を失って生活費を減じたのと時期を合わせるごとく、被控訴人が、日常生活の上で控訴人を様々な形で軽んじるようになった上、長年仏壇に祀っていた控訴人の先妻の位牌を無断で親戚に送り付けたり、控訴人の青春時代からのかけがえない思い出の品々を勝手に焼却処分したりしたことなどから、被控訴人と別居するようになったものであるところ、こうした被控訴人による自制の薄れた行為は、控訴人の人生に対する配慮を欠いた行為であって、控訴人の人生の中でも大きな屈辱的出来事として心情を深く傷つけるものであったこと、それにもかかわらず、被控訴人に控訴人が受けた精神的打撃を理解しようとする姿勢に欠けていることなどにかんがみると、控訴人と被控訴人の婚姻関係は修復困難な状態に至っており、別居期間が1年余りであることなどを考慮しても、控訴人と被控訴人との間には婚姻を継続し難い重大な事由があると認めるのが相当である。

家裁月報第62巻第4号


離婚請求控訴事件


大阪高 平21.5.26(判)


【別居期間が1年余りの夫婦について婚姻を継続し難い重大な事由があるとされた事例】

続きは、 別居期間が1年余りの夫婦について婚姻を継続し難い重大な事由があるとされた事例 へ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 行政書士)
行政書士阿部オフィス 行政書士

男性のための離婚相談。頼れる安心のパートナー

(1)豊富な情報量とノウハウの提供(2)意思決定の支援・問題解決の助力と支援(3)離婚のコンシェルジュサービスこの3つを軸に、あなたの話しをじっくりと聞き対処すべき課題をみつけ、具体的解決のために最適な方法をコーディネートします。

045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「判例情報」のコラム

長期の別居(2012/02/14 12:02)

同居を求める審判(2010/03/15 11:03)

訴訟上の和解が無効?(2009/06/22 10:06)

このコラムに類似したコラム

婚姻費用の分担のレベル 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/23 19:36)

別居8年で有責配偶者からの離婚請求が棄却された事例 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/05 20:06)