ちょっと節約~こども(学資)保険加入時のミソ - 学資保険選び・加入 - 専門家プロファイル

木和田 雅朗
FP事務所らいふ工房 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ちょっと節約~こども(学資)保険加入時のミソ

- good

  1. マネー
  2. 教育資金・教育ローン
  3. 学資保険選び・加入

お子様の教育資金を蓄える手段の一つとして

 

こども(学資)保険があります。

 

そのこども保険のかけ方についてのお話です。

 

 

仮に、構成が以下のとおりの家族とします。

 

  ご主人さん30歳

 

  奥さん30歳

 

  お子さん(男)0歳

 

で、このご夫婦さんがこども保険を検討しています。

 

プラン内容等は・・・

 

  (1)保険料払込期間18年

 

  (2)学資金500万円

 

お子さんが18の時に満期金(学資金)500万円を

 

受け取れるというものです。

 

 

このケースで、保険料をある保険会社で試算してみました。

 

ご主人さんを契約者とした場合の月払い保険料は

 

20,700円でした。

 

一方、奥さんを契約者とした場合の月払い保険料は

 

20,650円でした。

 

ご主人さんと奥さんは同じ年齢(30歳)ですが、

 

奥さんを契約者にすることで、

 

毎月50円

 

1年で600円

 

18年トータルで10,800円

 

も保険料を節約することができます。

 

  *ちなみにこの保険会社の場合、奥さんが33歳まででしたら

 

   保険料は20,650円で、34歳で20,700円という結果がでました。

 

 

こども保険は契約者をご主人さんか奥さんか、

 

要は男性か女性かによって保険料が変わるということですね。

 

ただし、女性のほうが保険料を抑えられるからといって、

 

奥さんが必ずしも契約者になれるとは限りません。

 

契約者=保険料負担人(保険法第2条)

 

ですので、保険会社が定めた一定の収入があることが

 

大前提となりますのでご注意を!

 

 

こども保険のしくみや保険料のシミュレーションなどは

 

保険に詳しいファイナンシャルプランナーへお問い合わせくださいね。

このコラムに類似したコラム

低金利時代、学資保険の賢い入り方 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/08 22:00)

学資保険の限界とその対策 木和田 雅朗 - ファイナンシャルプランナー(2010/10/19 19:34)

ジュニアNISAの運用は誰が行うの? 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/10 18:35)

教育資金(4)低解約返戻金型終身保険とは(保険の見直し・山下FP企画) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/05 12:48)

教育資金(3)積立預金か、学資保険か(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/03 11:57)