自社の強み - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は自社の強みについてのお話です。

中小企業や創業者は経営資源の制約が大きい。
これはまぎれもない事実であり、事業を進めていく上での大前提です。

このような状況の中で、昨今の厳しい経営環境を勝ち抜いていくためには、選択と集中がカギを握ります。

あれもこれもと手を出していると中途半端になりがちです。

自社の存在価値が明確にならず、対外的なアピールも難しくなります。

選択と集中をする際に自社の強みに着目することが多いのですが、自社の強みは明確になっているでしょうか。
第三者が感じていることと自社の思いが異なっていませんか。

日々の活動が無駄にならないためにも、自社が進む方向性は常にチェックしていたいものです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

多面的な見方(2016/12/07 09:12)

世代交代(2016/11/17 09:11)

このコラムに類似したコラム

経営資源はバランスやつながりが重要 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/02/04 15:15)

「格好悪く勝つ」名言ですね 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/01/24 08:29)

ありそうでない 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/01/21 16:28)

手の出しすぎには要注意 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/08/03 08:43)

自社の弱みを逆手にとる 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/01/29 13:40)