海外旅行はクレジット払いがお得 - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

松尾 琢磨
株式会社エヌ・プランニング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外旅行はクレジット払いがお得

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー
クレジットカード ローン

  クレジットカードの支払いが可能にしておくと、国外旅行などに役立ちます。クレジットカードを持っていることは信用の証となる欧米の国もあります。レンタカーを借り入れる時やホテルに泊まる時に、クレジットカードを見せて欲しいと言われるのです。請求された金額を支払うことができる顧客かどうかを、クレジットカードを持っているかによって見極めようというものです。

 

  外国に行く時は、クレジットカードを財布に入れていくと何かと便利です。クレジットカードを使って支払いをすることで、金銭的に得をするというケースもあります。クレジットカードの支払いで用いる為替レートは、実際の動きとは微妙に違っています。銀行窓口で通貨を交換する時のレートとは少し違うのです。常に変動する為替レートには気をつけたいものですが、クレジットカードでの為替レートは現実の為替レートに手数料が上乗せされた状態になっています。外貨に両替する際も別途手数料がかかるのであまり大差はないといえます。クレジットカードの為替レートは、VISAが換算日前日のバークレーズ銀行の始値の仲値+1.60~1.63%になります。MasterCardはブラッセルのモントリオール銀行銀行の終値の仲値に+1.0 ~1.6%したものです。また、三井住友銀行はドル円の仲値が1$=100円の時に1.97%という形に設定しているといいます。

 

  クレジットカードでは、支払いの2日後や3日後の交換比率によって日本円との交換比率が決められます。相場の変動が激しい時期などは、現金払いとカード払いを賢く使いこなすことによって、安くてお得な買い物をすることができます。円安のタイミングで円を外貨に変えておき、円高になった時にクレジットカードでの支払いなどをすると得ができることがあります。滞在中、大きく円高に動きそうなときには、クレジットカード払いにするとよいでしょう。クレジットカードには付帯保険があり、一般にクレジットカードに海外旅行保険と同等ないしは準じた補償が付帯されているのも便利だからです。

このコラムに類似したコラム

クレジット払いで買物がお得になる 松尾 琢磨 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/01 00:00)

日本の暗いお手本、インド 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/08/30 09:00)

ドルコスト平均法が活かせる保険【ドル建て終身保険】 宮下 達裕 - 保険アドバイザー(2012/03/04 01:00)

そして為替が円安に動いたら・・・ 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/06/28 10:10)

特約付外貨定期預金 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/11/16 15:33)