「やる気」を考える - 自分探し・感情 - 専門家プロファイル

主席研究員
東京都
主席研究員
03-3282-1358
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「やる気」を考える

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 自分探し・感情

人は、「何々をやれ」と言われても、そう簡単には心が動きません。言われたからやる、やりたくないけどやる、しょうがないからやる、給料をもらっているからやる、怒られるからやる等々、必ずしも「やりたいからやる」という状況ではない場合が多いものです。

 

心のベクトルとは違って物事をやる場合、またはやらされているという認識の元に行っている場合は、疲れやすくストレスも溜まりやすくなります。逆に自分がやりたいことをやっている場合、仕事であれ趣味であれ、それがどんなに時間が掛かろうが、どんな困難なことであろうが、たとえ睡眠を惜しんだとしても、疲れにくくストレスは溜まりにくいものです。また、持続したり推進したりする力、困難に立ち向かう力、問題に正面から取り組む力など無限なパワーをも生んでいきます。

 

それは、少年院の子どもたちに更生を促す場合も同様です。「犯罪をしてはいけない、人に迷惑をかけてはいけない」と言うだけで、子どもたちは立ち直ることができるでしょうか。答えはNOです。なぜか、それは本人がそれをやろうと思っていないからです。それでは、本人が自ら「やる気」を得るために、少年院ではどのようなことを行っているのか。その一つに「役割交換書簡法」という心理療法があります。

 

実際には出しませんが、お母さんに宛てて手紙を書いてもらいます。次にお母さんになった気持ちでその返信を書いてもらいます。それを何度か繰り返すうちに、子どもたちは涙で筆が進まなくなります。相手の立場で物事を考えられる様になり、反省や感謝の気持ちが芽生え、自己洞察が進み「気づき」を得られるようになります。この「気づき」があって初めて「やる気」が起こるのです。

 

「やる気」は人が与えられるものではなく、本人が「気づき」を得る以外にありません。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 主席研究員)
主席研究員

感動を伴う研修こそが、効果のある結果が出る研修です

人は必ず成長します。感動する事で心を開き、自分を見つめるからこそ「気づき」が生まれます。人は「気づき」さえ生まれれば、もう既に80%は変わっています。更に、「やって行きたい」という気持ちが加わる事で、真の行動変容が可能となります。

03-3282-1358
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

☆出社拒否とまではいかなくても・・・☆ TO-RU - 恋愛アドバイザー(2012/04/16 11:22)

チャクラのフラワーエッセンスを使った「瞑想法セラピー」開催のお知らせ 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2016/09/19 22:42)

心を元気にする“プラス”のエネルギーを蓄えるために 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2015/06/15 10:54)

数字を味方に 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/01 19:50)

肌は心の鏡 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2015/02/25 17:52)