借金が国民1人あたりでも過去最悪の約693万円 - 家計診断・家計の見直し - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金が国民1人あたりでも過去最悪の約693万円

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計診断・家計の見直し
投資 資産運用
毎年毎年、増え続ける日本の借金ですが、今年も過去最大を更新しましたね。異常な金額です。

今回、財務省が発表した国債と借入金、政府短期証券を合わせた国の債務残高が2010年3月末時点で882兆9235億円となりました。その金額は約10年で倍増した計算となります。単純に赤ちゃんから老人までを含めた国民1人あたりで割ると過去最悪の約693万円もになります。又、総額は1年前に比べ36兆4265億円、たった3ヵ月前に比べても11兆4130億円も増え異常な数値を示してます。ギリシャ以上かも知れませんね。

又、気付いてない国民の方も多いと思いますが、郵便局や銀行で「低金利の今の時代に国が保証し安全で高利回りだから」と売られている国債ですが、既に残高は720兆4890億円もにも上り、たった1年前と比べても40兆円以上増えています。他にも隠れた負債が山ほどあり書き出すと読者が不安とパニックになりそうなので止めますが、もう少し計画性を持った経済政策を取れないのでしょうか?普通の企業なら、とっくの昔に倒産してます。

不況対策は分かりますが、昨今の裏金を含めた無駄金や無駄な支出が今の日本には腐るほどありますよね?それを削るだけで幾らのお金が浮くかです。経済対策や不況対策と口では色々言いますが、それらを削っても国民は困りませんし景気は低迷しません。議員の数や給与、年金も含め本当に無駄な物を仕分けして欲しいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「投資」のコラム

「ロクサン業者」って何?(2014/05/11 14:05)

このコラムに類似したコラム

【寄稿】「マネーの達人」に寄稿しました。 真鍋 貴臣 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/11 14:42)

IMFが日本へ苦言を呈してきた 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/06/13 11:59)

G20 日本は例外扱い 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/30 18:00)

健康寿命 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/02 10:48)

コストが高いのはいけないことか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/21 18:58)