せいさつ(001)言葉を失った大学教授を笑えない大人たち - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

せいさつ(001)言葉を失った大学教授を笑えない大人たち

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
せいさつ 010~001

私の手元に赤い線が引かれた一枚の新聞の切り抜きがあります。哲学者の梅原猛さんが書いた記事です。ハイライトした箇所を抜き出します。

<日本哲学会の会合だった。ある教授がドイツの哲学者フリードリッヒ・ニーチェについて蕩々と論じた。ニーチェの話はいいけど、自身の見解が無い。だから、私は「あなたはどう考え
てるんですか」と言った。相手は黙り込んでしまった。>(日本経済新聞夕刊 こころの玉手箱 2008.01.17)

この記事に出会った私は「あぁ」とため息をつきながら赤鉛筆で線を引きました。というのも、この教授が最近の大人たちの姿と重なったからです。

私は企業で活躍する様々な人たちと「読む・聞く」「考える」「話し合う」ということをしています。最近の企業人は忙しいのにもかかわらずよく勉強します。沈黙は美徳でなく損失。意見
は内に秘めるものではなく、どんどん外に出すものだという雄弁家も多くいます。

発言する人がたくさんいるということはうれしいのですが、その中に違和感を感じさせる人が少なからずいます。その違和感とは何か?それはどんな人か?

私が違和感を感じる人とは「一見、自分の意見を述べているように見える(聞こえる)が、よく聞いてみるとそれはその人の意見ではなく、他者の意見を自分の意見としてもっともらしく開陳している…好意的に言えば代用しているだけ…という人です。類推するに、「本やネットで専門家の記事や論文を探し、使えそうなフレーズをあちこちからコピー&ペーストし、それ
らをつなげて自分の意見として完成させる」ようなことを思考の作業としてやってしまっているのでしょう。

だから表面的には饒舌なのです。でも何かしっくりこない。話者の意思が見えない、話者の意志が感じられないのです。テーマが実務レベルを越え、抽象度が高まるとこの傾向はさらに高
くなります。

そんな時、私は無言でホワイトボードに向かい次の8文字を書きます。「私は○○と考える」。そしてこう言います。「ここにいる全ての人、ひとりひとりにお聞きします。『あなた』はどう考えますか?資料のリード文やキーワードをつなぎお化粧したコメントでなく、資料を咀嚼した結果として出てきたあなた自身の意見が欲しい。目を閉じ何も見ずに『自分の言葉』で
話して下さい。

(出席者の一人を指差し)「Aさん、お願いします」。すると目を閉じたAさんは「ええと…自分の言葉でですか。そうですね…」と言ったきりで後が続かない。そして沈黙・・・。何とか搾り出しても修飾語を加えるか、てにをはの修正の域を出られない。中には絶句する人もいたりします。その場にいる他の人たちは大体「同じ質問をされるのはごめんだ」と言わんばかり
にみな下を向き、私と目を合わせようとしません。

結局言っていることは理論や資料の受け売りであり、自身の見解でないのです。
哲学会の会合での光景に似ていると思いませんか?

本末転倒という言葉があります。大切なことをそうでないことと取り違えることです。

「他人の言説を利用するのであれば援用し、自説として展開させていく」というのがものごとを考え議論する場でのたしなみです。にもかかわらず、他人の考えを探し出し、それを読んだことで自分が考えたという気持ちになっている。あげくには「他者の意見を自分の意見として代用しているだけ」なのに、「これは自分の考えだ」と錯覚し、そのつもりになってしまって
いる。気づいていないのは本人だけ。はっきり言って見るに堪えない。

私はこれを「思考の本末転倒化」と呼んでいます。競争が激しくスピードが命とされる現代において、私はこの種の思考を一概に否定しません。それなりに使い道があるからです。しかし
これに埋もれてはいけないと思うのです。

理論を学び、他人の言説を知ること」と「自分の意見を述べること」は似て非なるものです。
調べること」と「考えること」は全くの別物です。
ものを考え議論するとは「私の考えはこうだ。あなたはどうだ。」という個と個による思考の対決が行われることであり、他人の意見を適当にくっつけてそれらしく述べることではあり
ません
自分の言葉で話すとは、誰かにペーパーを取り上げられても何一つ困らず相手に「述べ語る」ができることであり、単に発話という行為があなたによってなされるということではありま
せん。

さて、あなたは言葉を失った教授を笑えますか?
背伸びした「一段上のレベル」のテーマを考え、意見を述べるときに自分の言葉で語れますか?

(中沢努「思考のための習作」から抜粋) 


★研修、講演、コンサルティング・・・承ります★
 ・メディア掲載、評価口コミ、著書、他 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 
 ・実績と会社概要 http://www.pensee.co.jp/aboutus/index.html
 ・筆者による資料(総目次)http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

最新情報
http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany


≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(http://www.pensee.co.jp/

【参考A】
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「イデア」 http://profile.ne.jp/w/c-57331/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「ドクサ」 http://profile.ne.jp/w/c-57370/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-57604/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「四元徳」 http://profile.ne.jp/w/c-57608/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「形相」-エイドス http://profile.ne.jp/w/c-57651/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレス「観照 観想」 テオリア http://profile.ne.jp/w/c-57654/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「中庸の徳」知性習性 http://profile.ne.jp/w/c-57656/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「最高善」 http://profile.ne.jp/w/c-59058/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アウグスティヌス(アウグスチヌス)の「恩寵」 http://profile.ne.jp/w/c-59328/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ストア派(ゼノン)の「アパテイア」 http://profile.ne.jp/w/c-59372/
• 12か月で学ぶ哲学用語 エピクロスの「快楽主義」-アタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-59706/
• 12か月で学ぶ哲学用語 「普遍論争」-中世スコラ学 http://profile.ne.jp/w/c-60144/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アンセルムスの「実在論/実念論」 http://profile.ne.jp/w/c-60443/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ロスケリヌスの「唯名論」 ノミナリズム http://profile.ne.jp/w/c-60864/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アベラルドゥスの「概念論」 http://profile.ne.jp/w/c-61100/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ニコラス・クザーヌスの「反対の一致」 http://profile.ne.jp/w/c-61452/
• 12か月で学ぶ哲学用語 モンテーニュ「クセジュ」Que sais-je ?  http://profile.ne.jp/w/c-61773/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの「コギト・エルゴ・スム」 http://profile.ne.jp/w/c-62085/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「明証性の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62386/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「分析の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62595/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「総合の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63059/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「枚挙の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63396/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの機械論/機械論的自然観 http://profile.ne.jp/w/c-63720/
• 12か月で学ぶ哲学用語 東電社内事故調とデカルト的思考の接点  http://profile.ne.jp/w/c-64069/

【参考B】
• 哲学的思考入門 (初級)その1 http://profile.ne.jp/w/c-55321/
• 哲学的思考入門 (初級)その2 http://profile.ne.jp/w/c-55322/
• 哲学的思考入門 (初級)その3 http://profile.ne.jp/w/c-55351/
• 哲学的思考入門 (初級)その4 http://profile.ne.jp/w/c-55457/
• 哲学的思考入門 (初級)その5 http://profile.ne.jp/w/c-55567/
• 哲学的思考入門 (初級)その6 http://profile.ne.jp/w/c-56070/
• 哲学的思考入門 (初級)その7 http://profile.ne.jp/w/c-56071/
• 哲学的思考入門 (初級)その8 http://profile.ne.jp/w/c-56213/
• 哲学的思考入門 (初級)その9 http://profile.ne.jp/w/c-56368/
• 哲学的思考入門 (初級)その10 http://profile.ne.jp/w/c-56470/

【参考C】
• 084 レヴィ=ストロースの言葉を敷衍してみる http://profile.ne.jp/w/c-45930/
• 085 コギト・エルゴ・スム 懐疑なき人間は養殖魚 http://profile.ne.jp/w/c-46082/
• 086 シュライエルマッハー的精神態度 http://profile.ne.jp/w/c-46083/
• 087 「パンタ・レイ/ヘン・パンタ」と日常の本質 http://profile.ne.jp/w/c-46203/
• 088 フッサール現象学的還元/エポケーとマルクス http://profile.ne.jp/w/c-46269/
• 089 人間には格がある プラトンの人間の分類 http://profile.ne.jp/w/c-46270/
• 090 正義の立ち位置 西田の絶対矛盾的自己同一 http://profile.ne.jp/w/c-46271/
• 091 知ある無知 ドクタ・イグノランティア http://profile.ne.jp/w/c-46425/
• 092 快楽は禁欲が生む エピクロスのアタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-46426/
• 093 人間の質は経験の質 ロックのタブラ・ラサ http://profile.ne.jp/w/c-46427/
• 094 真実とは何か? プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-46569/
• 095 出世する人はエゴイスト? カントの人間学 http://profile.ne.jp/w/c-46617/
• 096 貧困原因とヘーゲルとローザ・ルクセンブルク http://profile.ne.jp/w/c-46731/
• 097 会議の多い組織は優秀? オッカムの剃刀 http://profile.ne.jp/w/c-46733/
• 098 嘘を見抜く F・ベーコンの「4つのイドラ」 http://profile.ne.jp/w/c-46799/
• 099 倫理とは何か? デュウイ=タフツの倫理学 http://profile.ne.jp/w/c-46800/
• 100 思想に命をかけた女性 シモーヌ・ヴェーユ http://profile.ne.jp/w/c-47049/

≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(http://www.pensee.co.jp/

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「せいさつ」のコラム

このコラムに類似したコラム

常に自責の意識を持っていたい 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/08/05 10:11)

相手軸に立つとは「自分を客観視する」ことでもあるのです 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/08/18 06:12)

競い合い 竹内 和美 - 研修講師(2013/02/14 16:34)

日常語の哲学とは 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/10/07 22:25)

12か月で学ぶ哲学用語 エピクロスの「快楽主義」-アタラクシア 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/09/20 18:00)