返済期間は短い方がお得? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

返済期間は短い方がお得?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅ローンの基礎知識 教えて!住宅ローンの落とし穴
毎月の返済額に余裕がある場合、
繰上返済をして期間を縮めるのと、
最初から期間を短くして申し込むのではどちらがいいか、
迷われる方もいらっしゃるかと思います。

短い期間で申し込む方が、保証料等も少なくなる為、
総額は多少少なくなります。

ただし、毎月の返済負担が多くなるので、
あまりギリギリで設定してしまうと、完全な固定金利でない場合は、
金利が上がった時に返済額も上がってしまいますので、
対応できなくなる可能性もあります。

また、審査も厳しくなります。

それよりは、ある程度、期間を長めに設定し、
余裕があれば、繰上返済を行う方が良いのではないでしょうか。