家の時間-4 別荘リフォームのススメ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

各務 謙司
カガミ建築計画 建築家
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家の時間-4 別荘リフォームのススメ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ニュース 雑誌・メディア掲載
月一回のペースで記事を''連載''させていただいている、
自分らしい住まいと暮らし見つけるウェブマガジン「家の時間」に
別荘リフォームのススメ」の記事を書きました。

打ち捨てられた別荘をデザインリフォームで復活!


今回の連載では、1970年代の第一次別荘ブームで建てられた、
伊豆の古い別荘を、デザインリフォームで''復活''させた事例を
取り上げています。

実は、老朽化したり、親の代から上手く受け継がれないで、
打ち捨てられた状態になっている別荘が沢山あるのです。

伊豆や''箱根''、''軽井沢''や''蓼科''、''那須''や''房総''といった、
古くからある別荘地に行くと、屋根や外壁がボロボロで、
このまま行くと壊れてしまいそうな別荘が多々見られます。

この伊豆の別荘はそこまでひどい状態ではありませんでしたが、
代替わりや''設備の老朽化''のせいで、このまま放って置けば、
そのような状態になってもおかしくない建物でした。

孫が楽しめる仕掛けで、大人気に


別荘を快適にリフォームする方法は、
予算や構造、考え方によって色々あると思われますが、
このケースでは、まだ小学生のお孫さんたちに、
どうやって別荘の魅力を伝えるかが鍵だと睨んで、
計画プランを練りました。

結果できたのが、写真の登り壁と''スベリ棒''、''ミニロフト''です。

この仕掛けのお陰で、お孫さんたちが大喜び、
お子様たち家族が週末を争って使いたがり、
孫が喜ぶ姿を見て祖父祖母も喜ぶという上手い''連鎖''に繋がりました。

また、親としては別荘に行ったときくらいゆっくりしたいものですが、
子どもたちは遊びたい盛りなので、どうやって子どもの相手をするかは、
意外と別荘の難しいポイントなのです。

このケースでは回遊性のある遊びの仕掛けのお陰で、
子どもたちはずっと飽きずに遊んでいることができ、
親も静かに休むことが出来るようです。

「家の時間」の連載では、''他の別荘リフォームのポイント''についても
書いていますので、どうぞご覧ください。


カガミデザインリフォーム

東京都港区白金台3-12-2-303
Tel/Fax:03-5789-4146
info@kagami-archi.com