香水の匂い、車両に充満するほどに・・・ - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
長谷川 進
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

香水の匂い、車両に充満するほどに・・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
生活の中で見つけたマナーの不美人
昨日、京都府綾部市内の製造業の企業研修を終え、大阪に移動する列車において、久しぶりに出会った不美人さん。

思わず、「香水の瓶が割れたのかしら?」と思うほどに、た〜っぷりの香水を振りかけた女性客でした。
社内に乗り合わせた乗客のほとんどは、その化学的な匂いに悩まされたのか、一様に顔をしかめていますが、
当のご本人は「知らん顔」。
おそらく、いつもそうなのでしょう。すでに嗅覚がマヒしてしまっているので、わからないのでしょう。

香水は、トップノート、ミドルノート、ラストノート(香調)と匂いが変化していきます。
つけてから2〜3時間後くらいの香りで、その香水の「残り香」となるラストノートと、つけ始めのトップノートでは、印象が違います。
ご本人は、ラストノートが好きで、そのイメージでつけていたとしても、トップやミドルでは、自分が思うような香りを、相手に伝えられないことがあると思います。

また、つける場所を選ぶことも大切にしtましょう。
全身に振りかけるのはもってのほかで、耳の後ろ、手首、足首、太ももの内側などに、数滴、または軽くプッシュ一回という程度で十分でしょう。

相手のことを思うのが、マナーの基本です。
自分が好きな香りを、他の人も必ず好きであろうというのは、思い込みです。
十分、注意が必要ですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「生活の中で見つけたマナーの不美人」のコラム

飛行機の中でのゆずりあい(2009/03/12 15:03)