医師会は統合医療推進の流れに反対 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

吉川 祐介
Wecareカイロプラクティック&ナチュラルケア 院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医師会は統合医療推進の流れに反対

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
補完・代替療法について
日本医師会の中川俊男常任理事は10日の定例会見で、鳩山由紀夫首相はじめ民主党議員から統合医療の推進を求める発言が相次いでいることを受け、見解を発表した。中川常任理事は、「今あえて科学的根拠が確立していない統合医療が推進される背景には、混合診療を解禁し、市場原理主義に立ち返ろうという狙いがあるのではないかとの疑念を抱かざるを得ない」と感想を述べ、「このような流れに強く反対する」との立場を明らかにした。

厚生労働省に設置された「統合医療プロジェクトチーム」が2月5日の第1回会合で、統合医療を「近代西洋医学以外の伝統医学、自然療法、ホメオパチー、ハーブ、芸術療法などの相補・代替医療を近代西洋医学に統合して、患者中心の医療を行うもの」と定義したことについて、中川常任理事は「厚労省が、統合医療でなければ『患者中心の医療』でないかのような整理をしている点は非常に問題だ」と批判。国民や医療関係者に浸透していないため、まず統合医療の定義について医療界で議論することが必要だと訴え、「厚労省が行っている調査、研究を基に地道な議論を積み重ねるべきであり、拙速に統合医療推進の検討に進むべきではない」と主張した。

また、鳩山首相が統合医療に「医療費削減を期待している」ことに触れ、「特に2006年以降の医療費抑制で、地域医療が崩壊したことを忘れるべきではない。医療費増大を約束した民主党マニフェストとも相反する」との見解を示した。さらに中川常任理事は、足立信也厚労政務官が「鳩山内閣の医療政策のキーワードは『予防医療』であり、その現れが『統合医療の推進』である」と述べたことに対して、「例えば医療費適正化計画の下に始まった特定検診・特定保健指導の検証はこれからであり、その結果を慎重に見極めるべきである」と主張した。

医師会そして厚労省からの強い反発を受けて、今後党合意両学会がどのように対応していくのか、注目です。

医療タイムス「最新医療ニュース」よりhttp://times-net.info/