akimoさんちの家計診断(4)住宅ローン - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社くらしと家計のサポートセンター 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
池田 弘司
(生命保険アドバイザー・ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

akimoさんちの家計診断(4)住宅ローン

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
家計管理 家計改善ビフォー・アフター

akimoさん 40歳フリーランス、夫44歳会社員、子11歳、8歳 住まい:持ち家


《akimoさんの悩み》と1,2,3回目のアドバイスはこちら

○住宅ローンに関して
住宅ローンを見直したというのは固定金利に借り替えたということですね。でも完済が71歳と言うことはかなりがんばって繰り上げ返済をしないといけません。退職金は老後資金と考えましょう。計画的に繰り上げ返済の資金も捻出する必要があります。

住宅ローンを繰り上げ返済して、定年後にローンを残さないことは老後資金を準備することと同じ意味合いがあります。老後の安心のために計画的にローンの繰上げ返済をしましょう。

○貯金に関して
全体の貯蓄にしめるリスク商品が大きいようです。また、使って残った分を貯金するのではなく、必要な分を先に貯蓄に回して、残りで生活するという考え方をして見ましょう。
会社に一般財形があれば、月2万円くらいをはじめてみませんか?一般財形がない場合は、お給料の振込口座から、自動引き落としで積み立てを始めましょう。

○まとめ
今、最優先すべきことは住宅ローンをせめて65歳までに完済できるように繰り上げ返済することです。老後のための投資を始めるのはそれからです。

例えば、2900万円(2.95%、30年返済、ボーナス返済なし)を借り換え3年経過後に100万円繰り上げ返済に充てたとします。減少する利息は116万円、残り期間は25年7ヶ月で1年5ヶ月短縮できることになります。固定金利に借り換えたから安心とはいえますが、金利が高い分繰上げ返済の効果は大きいですね。

あとは、奥様の収入アップですね。がんばってください。

 

株式会社くらしと家計のサポートセンター

http://www.fpwes.com/