言葉の違いをしっかりと認識する - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

言葉の違いをしっかりと認識する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
パルテノン多摩。

おはようございます、先月末にライブをやった会場です。


昨日からの続き、不動産投資について。
ここで大変に重要な言葉について解説を。


・収益と収入、費用と支出の違いを把握しておく


この言葉の違いだけで、私は一冊の本を書きました


これらの言葉の意味合いが違うということについて
しっかりと認識しておく必要があります。


不動産経営において、収益とは家賃や礼金の計上を
いいます。
通常の事業でいえば売上に該当するものですね。

これに対して、収入では敷金の預りも該当します。
敷金はいずれ返却するものなので売上には該当しませんが、
こちらの手元にお金が来るという意味では間違いなく
収入に該当します。



この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)