ジャッキアップと荒壁土 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

荒木 勇
株式会社アラキ工務店 代表取締役
京都府
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ジャッキアップと荒壁土

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
木造住宅の施工

.


沈下した町家を直しています。




かなり痛んだ町家です。

床が大分朽ちて、建物が大幅にいがんでいました。


左の写真は、柱を上げた後の状態で撮影。

もともと、沈下した建物に、そのまま外部にトタン波板を張られていました。

そのままだと、2Fの床の水平が取れないので、ジャッキアップして梁組を水平にしています。



桧端板(10*90*300)が横に通っています。これはもちろん、水平レベルで入っています。

一方、外部トタン波板下地胴縁が柱のところで、くの字に曲がっています。

これは、柱を沈下する前の状態に戻したところ、こんなになってしまいました。




右の写真は、その反対側の壁です。

ここも荒壁が大分落ちています。

下地竹が見えていますね。ここも後で荒付します♪

大分落ちているので、実は、ここは、「京町家棟梁塾」の生徒さんたちに手伝ってもらいました。
(もちろん、土・藁・竹等はこちらで手配しています)

足元の下ったところに新材が挟まっていますが、これだけ柱が上がったという印です。

このあたりは、設計の先生の指示に従って施工させていただきました(^^)



(株)アラキ工務店


 京町屋改修  
古材倉庫   
 リフォーム相談

このコラムに類似したコラム

「辰巳琢郎の家物語」取材 高安 重一 - 建築家(2011/03/07 12:00)

建築知識学校 リフォーム設計力養成講座 各務 謙司 - 建築家(2010/07/23 10:58)

千代田区一番町のリフォーム-01-フローリングの防音対策 山崎 壮一 - 建築家(2010/07/12 14:08)

内装リフォーム  上尾市 森 幸夫 - 代表(2015/06/04 10:12)

やっとここまで来ました。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/02/25 12:00)