百薬の長 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

百薬の長

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
A little something to drink is the best medicine.

英語ではこのように言われます。
どこの国でもアルコールに関しては同じようで、意訳すると酒は百薬の長。
希望的観測の印象が拭えなかったのですが、最近の研究ではその効果が認められつつあるようです。

9日、ロイターによると、ボストンにある病院のルー・ワン博士らが医学誌に研究結果を発表。
アルコールを1日に1〜2杯飲む女性は、まったく飲まない女性より体重が増える可能性が30%ほど低いという結果になったそうです。
調査では米国人女性約1万9,200人に対し、平均13年もの追跡を実施。
同博士によると、女性のアルコール代謝が男性と異なる点などが影響したと考えられるようです。

では積極的に飲みましょう、といきたいところですが、日本では2月のビール大手5社によるビール系飲料の出荷量が前年比6.3%減となりました。
2月単月では過去最低。
消費者の買い控えが響いており、こちらも節約ママに仕分けられたようです

飲酒に関しては、いわゆる第三のビール以外にも少し動きがありました。
2008年には20代前半の女性の飲酒率が、男性を逆転しています。
厚生労働省研究班によると、同年の20代前半女性の飲酒率は90.4%、男性は83.5%でした。

景気の回復とともに、飲酒量も回復してゆくと見られます。
アルコールは功罪どちらも報告されており一概には言えませんが、仮に体重増加抑制効果がなくともたしなむ程度の飲酒機会はやはり欲しいものです。

ところで同調査によると20代前半女性において、1日あたりの飲酒量が日本酒3合を超える多量飲酒が、前回調査の6.7%から11.7%に増えていたそうです。
最近しばしば女子飲みが取り上げられますが、盛り上がり過ぎにはご注意を。


☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html

☆“知ッ得”マネーセミナー 〜学資保険、子供手当の先取活用法〜
http://www.adual.co.jp/indexafa.html
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。