先行の外回り配管 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
山崎 壮一
(建築家)
奥山 裕生
(建築家)

閲覧数順 2017年06月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

先行の外回り配管

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ミンナノイエ
横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

他の物件でも、何度かこのブログでお伝えしている、先行しての外回りの配管。

写真で見えるグレーの配管が、雨水と汚水の点検舛となります。

一般的には、外回りの配管は、建物の完成間近に行うことが多い。

仕上がった建物の廻りを、設備屋さんが、土を掘って配管する。

配管する、隣地と建物の間が狭いことも多く、作業もやりにくい。

建物を汚さないように養生する手間も掛かる。

しかも、養生しながらの作業ではあるが、綺麗に仕上がった外装を汚してしまうこともある。汚しても直してもらえばいいのですが、気分のいいものではない。

基礎を造る前に、先に配管を終えておけば、作業効率も上がり、工期も短縮、職人さんも仕事がしやすい。

ちょっとした工夫が、良い現場となり、良い家造りとなっていきます。