家計変遷、まだら模様 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家計変遷、まだら模様

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
平成12年の上下水道料支出は、1カ月あたり平均4,793円。
平成21年の上下水道料支出は、1カ月あたり平均5,023円。

総務省の家計収支調査「1世帯当たり年平均1カ月間の支出(二人以上の世帯 H12〜21)」によると、ここ10年で電気代、ガス代支出はそれぞれ0.4%、3.1%減少。
ところが上下水道料支出は4.8%増となりました。
給水人口の減少や、老朽化した水道設備の維持費問題などで、値上げされたことが原因の一つです。
市区町村合併などで回避するところもありますが、一部では2〜3割の大幅値上げとなり物議を醸しました。
結果、水光熱費全体支出でも0.3%増。
まだ目立ってはいないものの、ライフラインの値上げは静かに家計を圧迫していきます。

不況で仕分けられたのは、やはりお小遣い。
平成12年は21,651円でしたが、平成21年は13,472円で4割弱のカットとなりました。
また時代の流れを感じるのが和服支出の減少。
ここ10年で61.4%の減少となりました。

目を引くのが「健康保持用摂取品」。
健康食品や、いわゆるサプリメントです。
金額はまだ小さいですが、10年前から58.4%増加。
また年齢によって大きな差が出ており、世帯主の年齢階級別で見てみると70歳以上の支出は29歳以下のなんと6.4倍。
サプリメント会社による高齢者向けの「膝が楽になる」、「いつまでも元気で」、といったCMを頻繁に見かけますが、その理由がよく分かります。

一部を除き企業の回復が強調されますが、消費全体も悪くはありません。
全体で見るとここ10年では8.1%減ですが、平成22年1月の消費支出は前年比で1.7%増加。
6カ月連続のプラスで、かなり持ち直してきました。
消費者はメリハリのある支出をしており、今後も仕分けと特定支出への絞り込みをしつつ、緩やかに回復してゆきそうです。


☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html

☆“知ッ得”マネーセミナー 〜学資保険、子供手当の先取活用法〜
http://www.adual.co.jp/indexafa.html
 
 
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。