居住用財産の買換え特例に2億円以下の制限 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

居住用財産の買換え特例に2億円以下の制限

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
所得税
居住用財産の買換え特例に2億円以下の制限!!!【所得税 節税対策】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

平成22年度の税制改正の中で、所得税の節税対策に大きな影響を与える
改正がありますので紹介させていただきます。

「特定居住用財産の買換え特例」という制度が従来からあります。
内容は、以下の通りです

・一定の要件のもと
・売却する年の1月1日で所有期間が10年を超えていて
・なおかつ10年以上居住していた不動産を売却した場合で

・売却する年の前の年の1月1日から売却した年の12月31日までに
 居住用の買換え不動産を取得して、
・なおかつ、売却した翌年の12月31日までに居住する見込みのある場合

当初住んでいた自宅の売却時に発生する売却益については
課税を繰延べる(ひとまず節税できます)制度のことです。


この制度は、特に相続で取得した土地等に住んでらっしゃった場合
あるいは、不動産価格の高い地域に長期間住んでいらっしゃった場合に
効果的な節税対策です。

しかし、今回の税制改正でこの「特定居住用不動産の買換え特例」に
一定の金額制限が設けられることになりました。

その金額制限は、2億円です。
つまり、売却した自宅不動産の価格の上限が2億円ということです。

ここで注意ですが、この2億円の譲渡価格制限が設けられることによって
不動産の売却を2年間にまたがって取引することも考えられることから
2億円の金額制限を2年間の合計金額とすることに決まっているようです。

例えば、平成21年に自宅の一部を6000万円で売却し22年度に残りの自宅を
1億6000万円で売却し、その後に買換え不動産を取得するような事例では
自宅売却価格が2年間で2億円を超えるため、特例適用対象外となります。

ご自宅売却に関する税務は、複雑ですので事前に綿密な
節税対策を検討しておく必要があるようです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 相続名義変更アドバイザー税理士のHP
 http://fpstation.souzoku-zeirishi.com/
 中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
東京マラソンの報道を見て、来年走る決意を固めました。
その翌日から、早朝の散歩から始めてみましたが。。。
いつまで続くでしょうか。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
所得税確定申告書類を作成できる国税庁のHP
 https://www.keisan.nta.go.jp/h21/ta_top.htm
アースマラソンHP
 http://www.earth-marathon.com/
民主党マニフェストのHP
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html
中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
 東京都心でスタジオを探すなら
 http://studio-tokyo.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「所得税」のコラム