規制の中の個性 - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

羽田 未希
(社会保険労務士)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

規制の中の個性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 目に留まった事

あるテレビ番組で「個性」の話を取り上げていました。(ビートたけしさんと国分太一さんのテレビ東京の番組です。)

面白かったのが「規制がある方が個性が生まれる」という話です。番組では落語家さんを例にしていましたが、古典落語などほとんどの噺は昔から変わらず、お客さんはすべての中身を知っている、そういう縛りがあるからこそ個性を出していける、ということでした。そう言われれば指揮者でも役者でも、楽譜や台本という縛りがある中でそれぞれ個性は発揮されているなぁと・・・。
また実験で、芸術学校の学生さんにテーマだけを与えて規制はないチームと、テーマに規制を加えたチームにそれぞれ画を描いてもらっていましたが、規制のないチームより、規制のあるチームの表現に各々の個性が強く出るという結果になっていました。

私たちが仕事上で他の人からの企画提案を求める時に、発想を制約しないようにとあえて細かい条件を出さないことがあります。特に自分の部下などに対して、「何でも良いから自由に考えて」などと指示していることは案外多いのではないでしょうか。
逆に自分が企画提案を求められた時を考えると、一定の制約条件を提示された方がいろいろな案を考えやすいという所は確かにあると感じます。

一定の制約条件があった方が、より多彩多様な発想が出てくるということであれば、日常の仕事の中での指示命令の仕方、企画提案の求め方はおのずと変わってくるような気がします。
「規制がある方が個性が生まれる」ということを知っているか知らないか、意識するかしないかで大きな違いがあるように感じたので、今回ちょっと取り上げてみました。もし何か当てはまりそうな機会があれば、試してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

このコラムに類似したコラム

女性活用について(1)~職場風土の改革が第一 菅田 芳恵 - 人事労務・キャリアコンサルタント(2015/04/24 18:13)

新入社員がやけにこだわる「仕事とプライベートのケジメ」 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/04/29 08:00)

どんな仕事でもプロのはず 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2012/12/17 08:00)

なぜ「人と接する仕事がやりたい」と言うのか 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2012/12/03 08:00)

忘れ物が多い人  集中タイプと気配りタイプのバランス 渋田 貴正 - 組織コンサルタント(2012/04/24 13:57)